国内

タブレットで国際交流、チャイムなし… 公立中学の取り組み

神戸の“教員いじめ”は幼稚かつ酷いいじめが露呈し大問題に(写真はイメージ)

独自の取り組みを行う公立中学校は全国に(写真はイメージ)

 自由な校風が特徴の学校や、革新的な授業を行う学校といえば私立校というイメージがあるかもしれない。しかし、独自の取り組みを行う公立中学は全国に存在する。

 大分県立の大分豊府中学校は、タブレット端末と電子黒板を使った情報通信技術教育に力を入れている。同校の安田憲司副校長が言う。

「タブレット端末のカメラ機能を使って台湾にいる現地の中学生と一緒に英語を勉強するなど、国際的に活躍できる人材の育成を目指しています」

 生徒たちは端末を通して、海外の同級生たちと言葉を交わし、お互いの文化を紹介し合う。

「タブレットで情報を集めるだけでなく、自分の考えを世界に発信する力を養うことが狙いです」(安田副校長)

 奈良県奈良市立の小中一貫校である田原小中学校は、「チャイムなし」のスタイルだ。小学1年生から4年生と小学5年生から中学3年生では授業開始時間が異なるため、チャイムを廃止したのだという。

 校外学習も盛んで、豊かな自然環境を生かして田植えやりんご狩りが体験できるほか、地域の特産品であるお茶の販売やPR体験を通して“起業家教育”ができるプログラムもある。

 生徒たちの将来を見据えた取り組みは、福岡県にある春日市立春日南中学校でも中学1・2年生を対象として行われている。

「なんちゅうカレッジ」と銘打たれたこの企画では、「画像処理」や「天体観測」、「陶芸」などの講座から生徒たちが興味のあるものを選び、月に1回、その道のプロ(主に地域住民)から講義を受けられる。この講義でカメラについて学んだ生徒が高校に入って写真部に入部し、芸術系の大学に進むなど、将来を考えるきっかけになったという声もあがっているという。

※女性セブン2019年3月14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン