国内

着色偽装発覚から15年、白骨温泉は今どうなっているか

「週刊ポスト」2004年7月12日号より

 いったいあの騒ぎはなんだったの──か。その「奇妙なインパクト」だけで人々の記憶に残った平成の事件のひとつが、2005年7月の「白骨温泉偽装事件」だろう。

 年間40万人が訪れる長野県の人気温泉の白濁色は「着色」だった──入浴剤を投入する様子を本誌・週刊ポストが写真とともに報じると、その後に伊香保、水上、箱根などの有名温泉でも「偽装」が相次いで発覚し、日本中が大騒ぎに。あれから15年、白骨温泉はどうなったか。

「あの後はバッタリ客足が途絶えましたが、現在は年間20万人ほどまで戻りました。白骨温泉の源泉は無色透明で、時間ととともに酸化して白濁します。

 当時はお客さんが多く、酸化するまでの時間がないまま無色の湯に入られて残念がられるということがあった。“今も入浴剤を使ってるの?”と尋ねられることがありますが、もちろんそんなことはありません」(白骨温泉旅館経営者)

※週刊ポスト2019年3月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン