国内

オレオレ詐欺グループ 受け子と出し子に保証金払わせる理由

オレオレ詐欺でも受け子と出し子は逮捕されやすい

 東京・江東区で起きた強盗殺人の容疑者3人が逮捕された。今年になって渋谷区で起きた強盗事件とも関連していると見られており、オレオレ詐欺グループが「アポ電」を利用して強盗も繰り返していたことで防犯への関心が高まっている。昨年、約350億円もの被害を出している特殊詐欺の世界だが、500億円を超えていた時代よりも儲からないからと粗暴になってきたらしい。ライターの森鷹久氏が、共食いの様相もみせ始めているオレオレ詐欺の変質についてレポートする。

 * * *
「オレオレ(詐欺)は儲からないですからね。オレオレで使う金持ち、高齢者とかの名簿を使った空き巣や強盗、不動産投資詐欺が拡がりつつある。あとは…オレオレ詐欺関係者同士で“共食い”するパターンもあります」

 こう証言するのは、関西地方を拠点に活動してきたあるオレオレ詐欺グループの元幹部(30代)。そして、儲からなくなったことで、詐欺グループのあり方が変わってきたと続ける。

 元幹部の後輩が運営するオレオレ詐欺グループでは、受け子や出し子により指示役が騙されたり脅迫されたり、もしくは受け子や出し子が別の詐欺グループの関係者に襲撃されるなどして、詐欺で得た金品が奪われる“事件”が続出しているのだという。それは、グループのメンバーとして新たに集められている人間の質が変化してきたからだ。

「受け子や出し子は、今やネット掲示板やSNSに書き込まれた“高額バイト募集”などの書き込みによって集められます。以前は(電話の)かけ子や詐欺グループに近しい“信頼できる”後輩などの人材にやらせていましたが、あまりにも捕まるリスクが高く、誰もやりたがらない。金に困っていたり、ネットを見て集まってくるような考えの浅い連中なら、高額報酬に目が眩んで簡単にやってくれます。しかし連中は、本当に質が悪い」(元幹部)

 かつてのように、地元の先輩や後輩といったような繋がりがもともとある場合は、報酬や仕事内容の不満が理由で、グループが内側から崩壊するようなことは滅多になかった。ところが最近では、いつ部下に裏切られるか警戒するのが普通になっている。これは、彼が知るグループが特殊なわけではない。

 詐欺師グループ内部の「仲間割れ」を発端としたトラブルの事件化は、以前から存在はしていた。2004年には当時隆盛を極めた「架空請求詐欺」に関わった男らによる凄惨なリンチ殺人事件が発生した。近年でも、振り込め詐欺に関与した高校生同士による暴行事件が起きた。それぞれ発生した時点では、一部の特殊なグループで起きた出来事だと受け止められていたのが、最近ではそのような経過を辿ることの方が“普通”だと見做す傾向にある。

 どのような詐欺案件でも、関わる人間が増え、当局に睨まれれば睨まれるほど、詐欺師グループメンバーの統制が取れなくなる。オレオレ詐欺においても、こうして詐欺の受け子や出し子の“クオリティ”が下がった結果、詐欺の現場で得た金を、持ち逃げしたり、上納金を過少に申告するなどする者が現れだした。受け子や出し子が指示役に対して「警察に話す」「詐欺であることをバラす」と強気に出てきて、自身の報酬を釣り上げるようなパターンもあるという。

 彼らの勘違いした強気をくじくため、オレオレ詐欺の世界では、受け子や出し子に保証金や立替金を支払わせるのが当たり前になってきているのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン