• TOP
  • ライフ
  • 【井上章一氏書評】武士はいつ、どう誕生したか?起源を探る

ライフ

2019.04.05 07:00  週刊ポスト

【井上章一氏書評】武士はいつ、どう誕生したか?起源を探る

『武士の起源を解きあかす 混血する古代、創発される中世』/桃崎有一郎・著

【書評】『武士の起源を解きあかす 混血する古代、創発される中世』/桃崎有一郎・著/ちくま新書/980円+税
【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授)

 武士とよばれる社会集団は、いつどこで、どのようにしてあらわれたのか。この本は、そんな問いに、正面からいどんでいる。こう書けば、史学になじみのない人は、おどろかれようか。えっ、そんな基本的なことも、まだわかっていなかったの、と。

 そう、武士の成立史は、ながらく謎だとされてきた。議論のつみかさねはある。さまざまな指摘が、なされてきた。そのぶあつい学説史におそれをなし、追究をひかえる研究者も、少なくない。著者じしん、自分もかつてはそうだったという。しかし、今回は、八世紀から一〇世紀までの史料を読みこみ、この謎に挑戦した。

 都の京都からはなれた草深い農村で、在地のボスが各地をたばねるようになる。それが、武士のおこりじゃあないのと、古い史学になじんだ人は思われよう。だが、武士たちは、京都の朝廷にゆかりのある貴種を、頭目にいただいていた。桓武天皇や清和天皇、そして藤原摂関家などの血統を、どこかでひいている。農村成立説では、語りつくせない。

 平安時代の天皇は、しばしばたいへんな数の子をなした。あるいは、貴族の名門たちも。しかし、朝廷の役職は、数にかぎりがある。王子たちの全員へ、しかるべきポスト、すなわち収入源をあたえることはできない。その選からもれたプリンスたちのことは、朝廷からきりはなさざるをえなくなる。言葉をかえれば、野へはなつようになってしまう。

関連記事

トピックス