ライフ

GWにやろうと思うこと1位、「片づけ」実践の3ステップ

文庫本100冊がスッポリ収まる

 大型連休ときくと旅行やレジャーの計画を立てるのが一般的かと思いきや、「掃除・片づけ」を予定している人が実際は多いようだ。『週刊ポスト』読者806人が回答した「GW中にやろうと思っていること」アンケート結果でも、第2位の「旅行」を抑えて「掃除・片づけ」が第1位に輝いた。家の片づけや遺品整理を請け負うサマンサ・ホームステージングの山本真理子氏は「時間がたっぷりあるGWこそ、片づけのチャンス」と話す。

「片づけには、最初にモノを『分ける』、次に『減らす』、そして最後に『収める』という3ステップがあります。なかでも大事なのは分ける作業。必要なのかを見極め、減らしてから整理しないと、すぐに散らかってしまいます。この仕分け作業は意外と頭を使うし、時間もかかります」

 いきなり収納グッズをそろえ、形から入るのは失敗のもとだ。まず、モノを「今使っている(A)」と「使っていない(B)」に分け、Bを「使っていないし、捨ててもいい(B-1)」、「使っていないけど、捨てたくない(B-2)」に分類する。

「片づけが苦手な人は、使わないのに手放せない(B-2)が多いのが特徴。男性は趣味のコレクションや、思い出の品を捨てられないことが多いです。使わないモノはできるだけ捨てたいですが、無理に捨てる必要はありません。迷ったら一度段ボールに保管するのも手。半年後に見直すと、手放す気分になることもあります」

 片付けがラクになるグッズをいくつか紹介しよう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト