• TOP
  • ライフ
  • 現役薬剤師が教える5大副作用「なぜ出る」「どう治す」

ライフ

2019.05.09 16:00  週刊ポスト

現役薬剤師が教える5大副作用「なぜ出る」「どう治す」

「“漢方薬なら副作用の心配はない”というのは誤解です。とくに植物系の生薬の場合、アルカロイドというアルカリ性の物質が胃酸と反応して消化能力が低下することがあります」

 歳を重ねるほど服用薬の種類は増える。多剤併用に陥っている人ほど、副作用による体調不良に悩まされるリスクは高くなる。

「同じ薬を飲んでも、副作用の症状が出るかは個人差があります。例えば副作用として頭痛を引き起こす薬は非常に多いが、ひとつひとつを見れば実際に副作用が起こる確率はそれほど高くない。でも、7種類飲んでいる薬のうち5種類に頭痛の副作用の可能性があれば、それだけ“自分に合わない薬”が含まれているリスクが高くなります」(長澤氏)

『逆引きお薬手帳』を見て、“いま悩んでいる不調は、この薬が原因かも”というものが見つかったら、どう対処すればいいのか。

「自己判断で薬の服用を中止するのは絶対にいけません。副作用が出にくい代替薬はないか、あるいは減薬できないかを医師に相談してください。とくに副作用が出やすいのは、新しい薬を飲み始めたとき。医師に新しい薬を処方されたら、この『逆引きお薬手帳』を参照し、副作用の症状が出ていないかに注意を払うことが大切です」(長澤氏)

 どんな薬でも、効果とともに副作用のリスクがある。薬と上手に付き合うために、長澤氏監修の『逆引きお薬手帳』は参考になるだろう。

※週刊ポスト2019年5月17・24日号

関連記事

トピックス