ロキソニン一覧

【ロキソニン】に関するニュースを集めたページです。

高血圧人の中には服用している薬の副作用で症状を悪化させるケースも(イメージ)
飲んだら副作用で「血圧が上がる」と記載されている薬94種リスト&注意点
 高血圧と診断され、降圧剤を服用するようになってもなかなか数値が改善しない。医師からは「効いていないのでお薬を増やしますね」と、また種類が増えていく──。こうした悩みに直面する人は多いはずだ。しかし、…
2023.03.18 16:00
週刊ポスト
新たに確認され追加された「解熱鎮痛薬」の副作用とは(写真はイメージ/AFLO)
解熱鎮痛薬カロナールに“重大な副作用” 添付文書に追記された「薬剤性過敏症症候群」とは
 コロナ禍で身近になった薬といえば、感染・発熱時の自宅療養などで用いられる「解熱鎮痛薬」だろう。ドラッグストアで買い求める人があまりに多くて「店から消えた」と騒ぎになったものもある。しかし、その薬を…
2023.02.17 07:00
週刊ポスト
体調が悪化した場合、自宅にあるかぜ薬などはむやみに飲まない方がいい(Ph:Getty Images)
新型肺炎に解熱剤がダメな理由、食べるべきはサムゲタン
 世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。すでに「水際対策」ではなく「蔓延期」──2月21日、日本感染症学会などが使った言葉が、事態の深刻さを物語っている。もはや感染拡大は前提といえる。あなた自身が、ある…
2020.02.29 07:00
女性セブン
薬をもらう時の疑問に医師が答える
「市販薬と処方薬の違いは?」ほか薬の疑問に現役医師が回答
 医者が書く本と言えば、「こうすれば治る!」と独自の治療法を紹介するものが多いが、発売1か月で3万8000部を突破したこの本は違うようだ。京都大学大学院医学研究科消化器外科医の山本健人氏が上梓した『医者が…
2019.12.31 16:00
週刊ポスト
その飲み方、大丈夫ですか?
市販の風邪薬、目薬、痛み止め、胃薬それぞれのリスク
 処方薬より副作用が少ないとされる市販薬だが、医師の処方を受けない以上「飲むタイミング」は患者に委ねられる。“風邪はひき始めに治したほうがいい”と、軽い症状の段階で風邪薬(総合感冒薬)を服用すると、思…
2019.11.23 07:00
週刊ポスト
60代を過ぎたら痛風の薬も再検討を
女医がのむ市販薬 ガスター10、ロキソニンなどを重宝
「風邪薬はないですか?」。ドラッグストアのスタッフに尋ねると、「この棚から、あの棚までです」。膨大な種類の薬に呆然だ。本当に知りたいのは、「いちばん使いやすくて、効く薬はどれなの?」ということ。そこ…
2019.07.22 16:00
女性セブン
事故物件に住み続ける芸人・松原タニシ
「事故物件住みます芸人」の周囲で起こる「超常現象」に本人は
 人口減少を背景に日本各地で空き家が増え続けており、問題視されて久しい。2013年の総務省の調査では、全国の空き家率は13.5%で過去最高となり、7戸に1戸は空き家という計算になる。空き家は景観悪化や倒壊の危険…
2019.05.25 16:00
NEWSポストセブン
高脂血症の薬について医師が解説
現役薬剤師が教える5大副作用「なぜ出る」「どう治す」
 日常生活のなかで何気なく出る“症状”は、薬の副作用によるものかもしれない。池袋セルフメディケーションの薬剤師・長澤育弘氏が警鐘を鳴らす。「よく起きるのが、『頭が重い、痛みが引かない』『口が渇く、のど…
2019.05.09 16:00
週刊ポスト
医師が「私はのまない」と宣言する要注意な市販薬
医師が「私はのまない」と宣言する要注意な市販薬
「毒にも薬にもなる」という言葉がある。病気やつらい症状を治してくれる「薬」でも、効き目が強いがゆえに、服用の量や仕方を間違えたり、個人の体質と合わなかったりすることで、逆に体調を悪化させる「毒」にも…
2019.03.08 16:00
女性セブン
「重い荷物が持てない」のは、鎮痛・消炎剤などの副作用かも
「重い荷物が持てない」のは、鎮痛・消炎剤などの副作用かも
「薬に副作用があること」は誰もが知っている。しかし、いざ副作用が自分の身に生じたとき、ただちにそれが飲んでいる薬の副作用によるものだと気付く人は少ない。その理由として、医薬情報研究所取締役で薬剤師の…
2018.08.09 07:00
週刊ポスト
【名医が飲んでいる漢方薬】足のむくみに五苓散と芍薬甘草湯
【名医が飲んでいる漢方薬】足のむくみに五苓散と芍薬甘草湯
 医学が目覚ましい進歩を見せる一方で、いま「漢方」の力が見直されている。2000年以上の伝統を持ち、西洋医学の薬とは違った作用機序による効果が期待できる漢方薬を、様々な分野の名医たちが、改めて高く評価し…
2018.07.29 07:00
週刊ポスト
【名医が飲んでいる漢方薬】首が痛い時には葛根湯と通導散
【名医が飲んでいる漢方薬】首が痛い時には葛根湯と通導散
 医学が目覚ましい進歩を見せる一方で、いま「漢方」の力が見直されている。2000年以上の伝統を持ち、西洋医学の薬とは違った作用機序による効果が期待できる漢方薬を、様々な分野の名医たちが、改めて高く評価し…
2018.07.24 16:00
週刊ポスト
ロキソニンSやオロナインH軟膏らに新たに加わった副作用
ロキソニンSやオロナインH軟膏らに新たに加わった副作用
 知っているようで知らない薬の副作用リスクがある。一般に医療用医薬品の副作用は「医薬品添付文書」でチェックできる。問題は、薬の発売後に新たに発覚して「追加」として記載される副作用が多いことだ。 発売…
2018.06.28 07:00
週刊ポスト
鎮痛剤ロキソニン、処方薬と市販薬の値段の違いは?
鎮痛剤ロキソニン、処方薬と市販薬の値段の違いは?
 医療用の医薬品を服用するためには、まず病院や診療所で医師の診察を受けて処方箋を書いてもらい、薬局でその薬を調剤してもらう手順を踏まなければならない。 たとえば、鎮痛剤のロキソニンを処方してもらう場…
2017.08.03 15:00
マネーポストWEB
薬の「飲み合わせ」は危険なことも 医師に服用薬を伝えよう
薬の「飲み合わせ」は危険なことも 医師に服用薬を伝えよう
 歳を重ねるほど、どうしても薬を飲む機会も、その種類も増えていく。そうした日常生活に潜むリスクが「飲み合わせ」だ。 飲み合わせにより薬の作用が増強したり減弱することは「相互作用」と呼ばれ、医薬品の「…
2017.06.29 16:00
週刊ポスト

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン