芸能

山田邦子騒動から考える芸能界のマネジメントの重要性

『女性セブン』の直撃に応える山田邦子

「こうやって板の上で原点に返る。令和になって心機一転また頑張れるな、という感じなんですけども」。5月10日、新宿・末広亭の舞台に立った山田邦子(58)は、立ち見も出るほどの満員の観客の前でこう話し、漫談を始めた──。

 山田邦子の独立騒動が勃発している。4月29日のブログに、〈39年所属しておりました太田プロダクションの事務所スタッフには誰ひとりも観てもらえなかったことがとても残念でした〉と綴り、事務所への不信感を募らせた。

 その真意について、『女性セブン』が直撃すると、〈恩義のあった前社長が引退して会長に、その息子が新社長になってから、私のマネジャーが動いていない状態なんです〉〈事務所は私に全然関心がないの〉などと本音を漏らした。

 末広亭で騒動について語ることはなかったが、デビュー当時のバスガイドネタやジュディ・オングの大ヒット曲『魅せられて』の替え歌など約15分にわたって漫談を披露。デビュー当時に親交のあった桂竹丸(当時の芸名は、あらポン太)の誘いを受けて実現したという舞台で、観客を爆笑の渦に包んでいた。

 山田邦子は、女性芸人のパイオニア的存在である。NHK放送文化研究所が主催していた『好きなタレント調査』で1988年から1995年まで8年連続1位に輝き、1990年代前半『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』(フジテレビ系)など複数の冠番組を持つ超売れっ子だった。しかし、1995年頃から不倫騒動などでバッシングを受け、人気が落ちていく。2000年代に入ると、レギュラー番組もなくなり、テレビで見かけることも少なくなっていった。テレビ局関係者が話す。

「太田プロダクション側の意見もあるでしょうし、双方の言い分があるはず。ただし、一般論としてはこう言えます。芸能人は急に売れたり、突然露出が少なくなったりします。その責任は本人にばかりあるように思われますが、最も大きいのはマネージャーの力です。どんな人が担当してくれるかで、芸能人生は大きく変わる。これは間違いない。ネットでは、事務所の大きさが注目されがちですが、今回のように大手であろうと問題は起こるし、小規模な事務所で売れている芸能人もいる。事務所の大小以上に、マネージャーのやる気や戦略、人柄でタレントの運命は決まるんですよ」

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン