ライフ

とんかつ店に行列 「ロゼ色勢」も「格安勢」も好調

行列のできるとんかつ店が増加

 行列のできる店の動向は気になるもの。近年、特に元気なのがとんかつ店だ。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が指摘する。

 * * *
 大衆食がブームだ。そういう話を聞くと、ちょっとした違和感を覚える。そもそも”大衆食”という言葉自体にも大衆に広く受け入れられるという意味も含まれている。”ブーム”と呼ばれるには、人気というだけでなく何か違いがあるはずだ。

 この10年ほどで、その位置づけが大きく変わった大衆食と言えば、とんかつが揚げられ……いや、挙げられる(ああ、書いてしまった)。10年前にはいつでも入れるとんかつ店だったのに、この数年で行列必至となった店が後を絶たない。

 象徴的なのが、東京・高田馬場のとんかつ店だ。1970年代から続く特ロースやカツ丼が旨い店は10年前は食事時でも待たずに入店できたのが、近年では20名ほど行列している光景をよく見かけるようになった。駅前の商業ビルの地下にある店や、新しくできたとんかつ店の前にも人が列をなしている。

 流れを大きく変えたのは2010年に高田馬場にオープンした「成蔵」だろう。店主はこの春、令和直前に高田馬場の店舗を弟子に引き継ぎ、いったんのれんをおろしたが、この店の登場が日本のとんかつシーンの分水嶺だったと言っていい。

 分厚いロースやヒレ(この店では「シャ豚(トン)ブリアン」と言う)を低温からじっくりと揚げ、内部がきれいなロゼ色に揚げ上がったタイミングで客に提供する。開店当初は客の認知を得るのに苦戦していたが、口にした客が客を呼び、ほどなく人気店に。客をさばきながら仕入れる肉やラード、揚げ方など全方位的に磨きをかけ、近年は長蛇の列への対応に苦慮するほどの人気店となっていた。

 そして「成蔵」の行列が伸び始めたこの数年、都内に新しいとんかつ店が次々に開店した。

 特に象徴的だったのが、内部をロゼ色に揚げるとんかつ店だ。リブロース、ロース、ヒレなど数種のかつを一口分ずつ揚げ、盛り合わせ定食風にしつらえた巣鴨の「亀かわ」(2017~2019年)はこの5月にのれんを畳んだが、その「亀かわ」の素地を作った、自称”とんかつマニア”という職人が揚げる神宮前の「七井戸」(2018年~)もそうだ。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト