国内

家庭の調理油 ドレッシングはオリーブ油、揚げ物は米油を

揚げ物調理には米油を使いたい(写真/アフロ)

 油には、人間の体にいい油とよくない油があることはご存知だろうか? こうした油の摂取バランスが乱れた状態が続くと、重大な病気の原因につながり、アレルギー症状を悪化させるリスクが高まる。

 摂るべき油と摂らない方がいい油とは一体どんなものだろう?

 オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸は体内では作られず、そして、オメガ9系脂肪酸はとった方がよい油といえる。

 オメガ3はアマニ油、えごま油のほか、DHA、EPAとして青魚に多く含まれており、抗酸化作用や動脈硬化予防、血圧を下げるなどの非常に体にいい作用がある。そして、オメガ6も体に必須で、ごま油やコーン油などに含まれる物質だ。

 また、オメガ9は、オリーブオイルや米油、菜種油などに含まれる。悪玉コレステロール値を下げて、心臓疾患や動脈硬化などを抑える働きがある。家庭ではどのように体にいい油を摂取したらよいのだろう?

 昨今の家庭に常備されているといえば、やはりオリーブオイルは外せない。日本臨床栄養協会理事で名古屋経済大学准教授でもある早川麻理子さんはこう解説する。

「オリーブオイルが健康にいいといわれている理由は、地中海沿岸地方の人たちに動脈硬化が非常に少ないという研究データがあり、その地方の人たちがオリーブオイルを常食しているからです。オリーブオイルは悪玉コレステロール値を下げるといわれているオレイン酸が多く、抗酸化作用のあるポリフェノールも多く含んでいます」

 オリーブの実を“一番搾り”したものを「エクストラバージンオイル」、精製オリーブオイルとエクストラバージンをブレンドしたものを「ピュアオイル」と呼び、いずれもオメガ9が豊富だ。健康検定協会理事長で管理栄養士の望月理恵子さんはこう言う。

「エクストラバージンオイルは、温めると独特の風味が失われてしまうため、加熱調理するならピュアオイルの方が向いています」

 早川さんは、揚げ物調理に米油を一押し。

「米油はビタミンEが多く酸化しにくいので、室温保存しても問題なく、大容量パックで買っても安心です。熱にもとても強く、揚げ物をすると、カラッとおいしく出来上がります。

 揚げ物なら米油、炒め物やドレッシングはオリーブオイル、サプリメント的な摂取ならえごま油といったように、使い分けてもいい。えごま油はドレッシングとしてサラダにかける人も多いですが、残り汁も飲まない限り全部は摂れませんから、私はスープに入れることをおすすめしています。ただ、熱で酸化しやすい特徴があるので、そのままなめても構いません。

 薬と違って、食べ物には、『何錠以上のんではだめ』という説明書きがない。私たち自身が正しい情報をもとにどう注意できるか、油の特徴と適量を知ることが重要になってくるのです」(早川さん)

※女性セブン2019年5月30日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン