• TOP
  • 国内
  • トラブル続きの「ミス慶応」 何度中止になっても復活する理由

国内

2019.05.29 07:00  週刊ポスト

トラブル続きの「ミス慶応」 何度中止になっても復活する理由

テレビ朝日の竹内由恵アナもミス慶應出身(時事通信フォト)

 慶應大学の「三田祭」(11月開催)は毎年20万人以上の来場者を集める日本最大規模の学園祭として知られるが、今年は開催まで半年あるにもかかわらず、すでに大きな注目が集まっている。目玉行事となったミスコンで、史上初となる「2人のミス慶應」が誕生するかもしれないからだ。5月初旬に発表されたミスコンのファイナリストは、主催する「ミス慶應コンテスト2019実行委員会」と「KOPURE(コプレ)」の“2団体”で計13人。

 KOPUREは今年からの参入で、「ミス慶應コンテスト2019実行委員会」は、同団体が前年主催したミスコンファイナリストの写真がKOPUREのHPに使用されていることなどについて、抗議をした。それでもHPは変わらなかったため、弁護士を立てて警告書を送付する事態となっている。一体何が起きているのか。

 今回のミスコン分裂騒動は、キャンパス内でも話題になっていた。

「人気が分散してしまうというか、双方の団体にもマイナス面しかない気がします。どうしてもミスになりたくて、両方に応募した子もいたようです」(法学部3年生)

「慶應のイメージが悪くなるので、争いはやめてほしい」(経済学部2年生)

「なんでウチのミスコンはトラブルばかり起きるのか……」(商学部4年生)

 学生たちが嘆息するように、ミス慶應をめぐるトラブルは、かつてミスコンを主催していた広告研究会所属の男子学生らによる集団強姦事件(2016年4月)だけではない。

関連記事

トピックス