ライフ

魚の「アップサイクル」ウミタナゴを釣り赤ちゃんも食べる

最初はためらっていた子供たちも、自らの手でウミタナゴの子をとり上げた

 東京都中央卸売市場で、2018年に廃棄処分になったのは水産物7944トン(魚腸骨除く)、青果1万2823トン。国内外から選別された魚が集結するはずの中央市場ですら、そうだ。年々、漁獲減が深刻化する日本の大きな矛盾である。そんな中、無価値の魚に価値を見出す“魚のアップサイクル”に尽力する人たちがいる。

 命を無駄にしない──子供は魚を「釣って食べる」ことで、魚の価値を体で学ぶ。三浦半島でそんな現場に立ち会った。

◆人間は肉食の哺乳類。他の生き物を食べて生きる動物だから…

 神奈川県三浦半島南端の町・三崎で、小さな宿「ベッド&ブレックファスト ichi」を営む愛称“ころすけ”こと成相修さん(35才)。「魚は釣って食べるのが日常」と言うころすけさんは、宿を拠点に、釣りやトレッキングなどの自然体験ツアーも主催している。

 取材日はちょうど、磯釣りで釣った魚を宿で料理して食べるという「地魚を釣って食す」の開催日だった。

 ころすけさんは岩場のポイントにまき餌をまき、魚をおびき寄せる。子供2人を含む5人の参加者はゴカイやオキアミを餌に、釣り糸を碧い海に落としていく。

「あっ、引いてる引いてる!」

 一番乗りは小学生のKくん。目をまん丸にして緊張しながら釣り上げたのはウミタナゴ。雌の胎内で卵を孵化させて子を産む卵胎生の珍しい魚だが、近年は「水っぽくておいしくない」「雑魚」と釣り人に敬遠されがちだという。

「このウミタナゴはお腹に赤ちゃんがいるね。よし、ちょっとここに来てごらん」

 ころすけさんはそう言って、釣り針をウミタナゴの口から外し、腹にはさみを入れた。そして、中から赤ちゃんタナゴをそっととり上げ始めた。

 Kくんの目がいっそう丸くなった。瀕死の母魚の胎内から飛び出すピチピチの“命”。

「この子たちもね、あとでおいしくいただくよ」

 ころすけさんの言葉に、神妙な面持ちでうなずくKくん。少年が、「生きるための必然」を学んだ瞬間だった。

※女性セブン2019年6月13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン