芸能

叶美香、藤原紀香、金子恵美… 多士済々のミス日本受賞者

 1950年に第1回が開催された「ミス日本」は、大女優から政治家、経営者、毒舌タレントまで、多士済々の受賞者を輩出し続けてきた。数多くの出場者の中から、今も各界で活躍するミス日本出身者を紹介しよう。

◆1950年 第1回グランプリ 山本富士子(87)

第1回グランプリの山本富士子(提供/ミス日本協会)

 700人余りの応募者の中から満場一致で選出。受賞後、大映に入社。『金色夜叉』『夜の河』の大ヒットで看板女優に。大映退社後はテレビ、舞台で活躍戦後復興期に可憐に咲いた昭和を代表する美人女優。

◆1977年 第9回グランプリ 手塚圭子

現在は大手企業の社長(提供/ミス日本協会)

 東京大学医学部保健学科在学中に受賞。卒業後に博士号を取得、美容研究家としてテレビ、雑誌で活躍。現在、エステティック最大手のTBCグループ代表取締役。

◆1988年 第20回グランプリ玉井美香(叶美香)

昭和最後のミス日本(提供/ミス日本協会)

『11PM』(日本テレビ系)カバーガールとして出演後、叶姉妹の妹として人気に。ライフスタイルプロデューサーを自任する。

◆1992年 第24回グランプリ 藤原紀香(47)

1992年のグランプリ・藤原紀香(時事通信フォト)

 2016年、歌舞伎俳優の片岡愛之助と再婚。記念すべき50回を迎えた昨年は、「ミス日本の理念を体現した女性」として感謝状が送られた。

◆1996年 第28回フォトジェニック賞 西川史子(48)

美人女医として活躍中(提供/ミス日本協会)

 大学在学中に受賞した同じ年、医師国家資格にも合格。女医の傍らタレントとしても活躍、キレのある発言で根強いファンを掴む。

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン