ライフ

歴史に残る美女の美容術、ウエスト50cmのため肉もジュースに

エリザベスI世は鮭でアンチエイジング(イラスト/アフロ)

 史実に残る“美女”たちの食生活をのぞいてみると、そこには美貌を保つために食材や摂取法にこだわりぬいた貪欲な姿が垣間見える──。

◆エリザベスI世/鮭でアンチエイジング

 鮭を好んていたというのは、16世紀のイグランド女王・エリザベスI世。『歴史を織りなす女性たちの美容文化史』(講談社)の著書もある美容家のジェニー牛山さんによると、彼女は健康意識が高かったという。

「エリザベスI世はヘルシー志向で、宗教改革の一端として肉食を禁じる『肉断ち』を復活させました。これによりお肉を食べられない期間は、淡水魚のスープを食べていたといわれ、特に鮭のスープを好んでいました」

 ミス・ユニバースの強化合宿で1日に2度出されることもあるというスーパー美容食材の鮭には、女性にうれしい成分が詰まっている。白澤抗加齢医学研究所の所長で医学博士の白澤卓二さんが説明する。

「免疫力をアップさせるビタミンDやビタミンEのおよそ1000倍の抗酸化力を持つ、アスタキサンチンが老化を促進させる活性酸素を抑えるとされています」(白澤さん)

◆エリザベート/野菜も肉もジュースに

ウエスト50cmを死守したエリザベート(写真/アフロ)

 ウエスト50cmを死守すべく生涯を費やしたのが、19世紀後半のオーストリアハンガリー帝国皇后・エリザベート。中高年になっても若い頃のベストプロポーションに執着して、年中ダイエットをしていたという。作家・歴史エッセイストの堀江宏樹さんはこう話す。

「彼女はオレンジ、ぶどう、りんごなど果物のジュースを飲むだけのダイエットを行っていました。固体よりも液体であれば体形に影響しないと考えたのでしょう」

 極端なダイエットに夫のフランツ・ヨーゼフ皇帝が胃酸過多で死ぬのではないかと危惧していた、という記録も残っているほど。

「ウィーンにあるハプスブルク家の夏の離宮・シェーンブルン宮殿には、エリザベートのためだけに果物や野菜を育てた庭園があり、家畜も飼われていました。固形物を断っていたエリザベートは、肉をもジュースにしていました。仔牛の生肉から生き血をしぼり愛飲していたのです。彼女は旅行中でもジュース療法を貫き、肉ジュースのための家畜たちも連れて旅をしたそうです」(堀江さん)

 そもそもダイエットとしてジュースしか摂取しないのはどうなのか。

「食べ物を咀嚼することは、消化や吸収にとても重要。そのため、すべてをジュースにするのは栄養学的に問題があります」(白澤さん)

 やはりよく噛んで食べるべきのようだ。

※女性セブン2019年7月11日号

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト