• TOP
  • ライフ
  • 「代替鰻」の実力 ナマズや鮭の腹身他、売り上げが激増

ライフ

2019.07.07 07:00  週刊ポスト

「代替鰻」の実力 ナマズや鮭の腹身他、売り上げが激増

イオンの売り場には、近大発ナマズから、サケや豚ばら肉の蒲焼まで8アイテムが並ぶ

 代替品市場がにぎわう一方で注目を集めているのが、エサや飼育環境にこだわる国産ブランドの養殖鰻。なかでも取り扱う店舗が少なく、“幻の鰻”と人気になっているが、千葉の「うなぎ坂東(ばんどう)太郎」と静岡の「共水(きょうすい)うなぎ」だ。

 坂東太郎を扱う店は全国でわずか20軒ほど。10年以上かけて坂東太郎を開発した卸問屋「忠平」の代表・高安道征氏は、「こだわりは“飼料”」と話す。

「一般的にはイワシなど青魚中心の“ブラウンミール”を使いますが、白身魚に生アジを練り込んだ当社独自の“ホワイトミール”を与えています。温度や水質の管理も徹底し、自然な環境で養殖することで、身のきめが細かく、旨みのある鰻が育つ。坂東太郎は利根川の別名。日本一とも言われる利根川の天然鰻に近づけています」

 日本人がこよなく愛する鰻であるがゆえ、知恵と工夫で様々な取り組みが進む。

鰻のエサがコストの大部分を占めるので、どうしても高級になってしまうという

衛生管理され、自然に近い環境で育つ

●取材・文/戸田梨恵

※週刊ポスト2019年7月12日号

関連記事

トピックス