• TOP
  • ライフ
  • 「代替鰻」の実力 ナマズや鮭の腹身他、売り上げが激増

ライフ

2019.07.07 07:00  週刊ポスト

「代替鰻」の実力 ナマズや鮭の腹身他、売り上げが激増

ニホンナマズはクセのない味が特徴

 近年、ニホン鰻の稚魚「シラスウナギ」の不漁が続き、今年の漁獲量も過去最低の水準で推移。成魚である鰻の価格も高騰している。

 庶民は気軽に口にできなくなりつつあるが、イオンリテール広報部の大瀧和孝氏は、「ここ数年、鰻の代替品に注目が集まっています」と話す。「イオン」「マックスバリュ」など、全国に約3000店舗を展開するイオンでは2016年から、近畿大学と養鰻業者が共同で育てた近大発ナマズの蒲焼を販売。今年新たに、サケの腹身を使った蒲焼を販売する。

「こうした代替品の売り上げは、3年前は蒲焼商品全体の5%ほどでしたが、昨年は1割を超えています。ナマズの蒲焼も、一定数のお客様にリピートして購入いただいています」(大瀧氏)

 近大発ナマズを養殖するのは、鹿児島県にある日本なまず生産だ。2012年からナマズの試験飼育を始め、3年前から本格的に出荷するようになったという。

「ナマズというと泥臭いイメージが強いですが、アメリカや東南アジアでは普通に食べられている魚です。養殖に使う水は、温泉水や地下水を有効活用。近大の教授らと泥臭さを抑えるエサを研究しています。クセのない白身魚で、刺身でも食べられます。卸値は1キロ1300円ほどで、一般的な国産養殖鰻の約3割です」(代表・牧原博文氏)

関連記事

トピックス