国内

国会議事堂の歩き方、かわいい「電灯の傘」他数々の見所

オバ記者が国会議事堂を案内!

 与党、野党の「ののしり合い」に、強行採決の大乱闘。はたまた国会議員の失言、失態、放言、失脚。政治ニュースの背景には必ずこの建物がデーン。いいイメージのない多くの人に、驚きの奥の奥を、政治とは縁のなさそうなオバ記者がご案内します。

◆取材・文/野原広子(オバ記者) 茨城県出身。体当たり取材が得意のアラ還ライター。昨年、郷土愛に目覚め、地元議員の事務所のお手伝い。小学生を国会議事堂に案内している。

 * * *
 国会議事堂は、昭和11(1936)年に、大正9(1920)年の着工から17年の歳月をかけて日本中の美しい石を集めて造られた石の博物館。だけど、そうなるまでが七転び八起きだった。

 明治政府が議事堂建設を本格的に準備し始めたのは明治19(1886)年。それから木造の仮議場を3度建て直している。

 理由は火事。1回目は竣工したわずか2か月後に全焼。2回目の木造の仮議事堂は大正12(1923)年の関東大震災では焼け残ったものの、2年後の修繕工事の最中に焼失。

 今の議事堂になってからも時代の荒波が止むことはなく、戦時中、前庭がいも畑になったり、進駐軍に接収されたり。そんな歴史の生き証人のような国会議事堂が、面白くないわけがない。

◆赤絨毯だけじゃない。細部までお見逃しなく!

 一般参観は決められたコースを歩くもので、どこでも好きなところを見られるわけではない、と言うとガッカリされそうだけど、まあ、聞いて。

 なにせ部屋数400以上。国会議員でも、目指す部屋がわからなくなって、衛視さん(*)に道案内をしてもらうというくらい広いんだわ。

(*衛視とは、一般に日本の国会の警務及び議院の内部警察権の執行を行う国会職員のこと。衆参両院で約500人の衛視が365日体制で働いている)

 だからといって迷わないように前の人の背中を見ていたらもったいなさすぎる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン