国内

安倍首相嫌いの朝日新聞 誤報で赤っ恥の上に塩を送る結果に

候補者の応援演説で気勢を上げる安倍晋三首相=11日(写真/時事通信フォト)

 選挙戦さなかの7月9日、政府はハンセン病訴訟で差別に苦しめられた元患者家族への国の賠償を命じた熊本地裁判決を受け入れて控訴しない方針を表明し、「患者・元患者とその家族の方々が強いられてきた苦痛と困難に対し、政府として改めて深く反省し、心からおわび申し上げる」という首相談話を発表(12日)した。

 野党からも「評価し、率直に歓迎したい」(玉木雄一郎・国民民主党代表)という声があがり、「選挙で安倍のポイントになった」(野党幹部)とされる。

 皮肉なことに、この控訴断念をクローズアップさせたのが朝日新聞の誤報をめぐるドタバタだった。

〈ハンセン病家族訴訟 控訴へ〉

 朝日は7月9日付朝刊1面トップで大きく報じ、国が控訴断念を表明すると「誤った記事を掲載したことをおわびします」という政治部長名の釈明と訂正記事を掲載したが、問題になったのは〈首相の意向を知りうる政権幹部に取材した結果、政府が控訴する方針は変わらないと判断しました〉と誤報の経緯を説明した内容だった。

 朝日が指摘した「政権幹部」とみられているのが菅義偉官房長官だった。前日夜、朝日ほか数社の記者が菅氏と囲み取材を行ない、そこで菅氏が控訴を否定しなかったことから、朝日は「控訴へ」と打ち、それを読んだ安倍晋三首相が急遽、控訴断念を決めたという“官邸に嵌められた”説が広がったのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン