ライフ

認知症の母 「毎日が日曜日」でもラクではない暮らし

認知症母は3度の食事時間以外はすべて自分の時間(写真/アフロ)

 父が急死したことで、認知症の母(84才)を支えるっ立場となった女性セブンのN記者(55才・女性)が、介護の日々を綴る。果たして「毎日が日曜日」は幸せなのか。

 * * *
 家事や仕事に追われる更年期まっただ中の私から見れば、母の悠々自適な生活はうらやましい限りだ。いつでも誰にも気兼ねなく、居眠りしていい気楽さ。とはいえ、緩みすぎれば体調を崩すので、そうのんきに構えてもいられない。隠居生活にも体力と気力が必要だ。

◆締め切りのない生活が羨ましすぎる!

 6年前に父が亡くなり、5年前に思い切って転居し、今はサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)にひとりで暮らす母の生活は、娘の私が言うのもなんだが、悠々自適の典型と評していい。

 昭和50年代、そういえば父や母も憧れをもってよく口にしていた流行語「毎日が日曜日」。今、まさに母はそこにいる。

 家族で暮らした家では、認知症の母が“できないこと”が増える一方だったが、現在の小さな居室は5分もあれば片づき、食事は住宅内の食堂に頼んでいるので買い物や料理もしなくてすむ。足りないところはヘルパーさんが笑顔でフォローしてくれて、母が“できること”ばかりの生活になった。すると、自分の記憶障害も笑い飛ばせるほど落ち着きを取り戻した。人によっては慣れ親しんだ自宅の生活が何より大事ということもあるが、母は違ったのだ。

 3度の食事時間以外はすべて自分の時間。自室のお風呂には好きな時間に入れるし、夜遅くまで好きな読書に耽ってもOK。週3回、若いイケメンの送迎付きのデイケアに通うのも楽しそうだ。

「楽しいよ。ご飯もおいしいし、今まででいちばん幸せ」と、母は何度も言う。そしていつ電話をしても必ず最初に「今、帰ってきたところよ。毎日忙しくて、ボケてるヒマがないわ」と笑う。この大げさな喜びようは、ボケが半分、転居に奔走した私への労い半分といったところだろう。

 でも上機嫌の母を見ていると時々妙な気持ちが湧くのだ。「今やらねばならない家事」や「締め切り」がない生活…。正直、うらやましい。ゴロッと寝転んで「今日は何しようかな~」というのはどんな気分だろう。更年期の疲れた頭で、ついボンヤリと考えてしまう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
舌鋒鋭い発言が特徴の社会学者・宮台真司氏(写真/共同通信社)
社会学者・宮台真司氏、襲撃被害の直前にツイッターユーザーと交わした過激な議論
週刊ポスト
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
夫・力道山の墓参りに訪れた敬子さん
「祖父は相場師、父は『麦と兵隊』に登場」力道山未亡人は家族も激動の人生だった【力道山未亡人~元日航CA・田中敬子の数奇な半生~#2】 
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン