ライフ

認知症の母 「毎日が日曜日」でもラクではない暮らし

認知症母は3度の食事時間以外はすべて自分の時間(写真/アフロ)

 父が急死したことで、認知症の母(84才)を支えるっ立場となった女性セブンのN記者(55才・女性)が、介護の日々を綴る。果たして「毎日が日曜日」は幸せなのか。

 * * *
 家事や仕事に追われる更年期まっただ中の私から見れば、母の悠々自適な生活はうらやましい限りだ。いつでも誰にも気兼ねなく、居眠りしていい気楽さ。とはいえ、緩みすぎれば体調を崩すので、そうのんきに構えてもいられない。隠居生活にも体力と気力が必要だ。

◆締め切りのない生活が羨ましすぎる!

 6年前に父が亡くなり、5年前に思い切って転居し、今はサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)にひとりで暮らす母の生活は、娘の私が言うのもなんだが、悠々自適の典型と評していい。

 昭和50年代、そういえば父や母も憧れをもってよく口にしていた流行語「毎日が日曜日」。今、まさに母はそこにいる。

 家族で暮らした家では、認知症の母が“できないこと”が増える一方だったが、現在の小さな居室は5分もあれば片づき、食事は住宅内の食堂に頼んでいるので買い物や料理もしなくてすむ。足りないところはヘルパーさんが笑顔でフォローしてくれて、母が“できること”ばかりの生活になった。すると、自分の記憶障害も笑い飛ばせるほど落ち着きを取り戻した。人によっては慣れ親しんだ自宅の生活が何より大事ということもあるが、母は違ったのだ。

 3度の食事時間以外はすべて自分の時間。自室のお風呂には好きな時間に入れるし、夜遅くまで好きな読書に耽ってもOK。週3回、若いイケメンの送迎付きのデイケアに通うのも楽しそうだ。

「楽しいよ。ご飯もおいしいし、今まででいちばん幸せ」と、母は何度も言う。そしていつ電話をしても必ず最初に「今、帰ってきたところよ。毎日忙しくて、ボケてるヒマがないわ」と笑う。この大げさな喜びようは、ボケが半分、転居に奔走した私への労い半分といったところだろう。

 でも上機嫌の母を見ていると時々妙な気持ちが湧くのだ。「今やらねばならない家事」や「締め切り」がない生活…。正直、うらやましい。ゴロッと寝転んで「今日は何しようかな~」というのはどんな気分だろう。更年期の疲れた頭で、ついボンヤリと考えてしまう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン