芸能

松岡修造宅から食器が割れる音、怒鳴り声 近隣騒音トラブル

車に乗り込む松岡

 まっすぐで熱血漢、そして前向きで涙もろい。松岡修造(51才)を評する言葉は「日本一アツイ男」だ。一方、超亭主関白だということも知られ、家庭における“修造ルール”は絶対である。

「“すっぴんを見せるな”“料理は炊き立て、焼き立てを用意しろ”といったことから、“太ったんじゃない?”と嫌みを言うのは当たり前です」(松岡家の知人)

「仕事場では常に冷静で怒ることはないが、家族には感情的になってしまう」 ――そう松岡が言うように、家庭内では爆発することも少なくない。

「たしかに自分の考えを押しつけがちです。夫妻で食事に行っても松岡さんは奥さんの惠美子さん(53才)の話を聞かず、黙々と食事をする。惠美子さんが“聞いているの?”と尋ねると、料理に集中している松岡さんはカッとなって言い争いになるそうです。

 ただ、修造さんは“妻なくして自分の存在はない”、“仕事が楽しめているのは妻のおかげ”と公言しています。だからこそ、おしどり夫婦といわれてきました」(芸能関係者)

 しかし、今、夫婦を心配する声が上がっている。

「家賃が3桁の部屋も多い」(不動産関係者)という、都内の超高級マンションの一室が松岡の自宅である。

「“日本一”審査が厳しいといわれ、ちょっとした芸能人では入居は困難です。著名人をはじめ、各界のセレブが入居しています」(前出・不動産関係者)

 マンションの住民が話す。

「松岡さん宅の騒音が問題になっているみたいです。近隣住民のかたが、マンションの管理室に通報されたようで、それも1度や2度のことではありません。いったい、何があったんでしょうか…」

 松岡は1997年にテレビ東京のアナウンサーだった惠美子さんと結婚。その時のプロポーズの言葉である「結婚したらおれは100%幸せになれる自信があるけど、きみを幸せにする自信はない」は有名だ。

 惠美子さんはアメリカ・ハーバード大学大学院修士課程を修了後、1991年にテレビ東京に報道記者として入社。『ワールドビジネスサテライト』のキャスターとして活躍したが、結婚後、専業主婦となって松岡を支えた。

「惠美子さんは真面目でインテリのようなイメージがありますが、非常にフレンドリーな人です。お受験をはじめバレエや習い事など、子育てをしっかりこなしていました」(前出・松岡家の知人)

 夫妻には3人の子供がいるが、家での子育ての方法は夫婦で異なるという。

「松岡さんは子供がした行為に疑念を持つと“どうして?”“なんでそうしたの?”と話を延々と聞き、質問をぶつけていく。一方の惠美子さんは早く明確に答えを出したいタイプ。

 一家で遊びに出かける時も、奥さんとお子さんが話し合って外出先を動物園と決めても、“本当に動物園でいいの? 遊園地じゃなくていいの?”と問い詰め、大げんかになることもありました」(前出・松岡家の知人)

挙式は、松岡が幼少期から通う東京・日枝神社で行った

関連記事

トピックス

南野陽子が『ザ・ベストテン』の思い出を振り返る
南野陽子が振り返る伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』の思い出 「アットホームな雰囲気だけど背筋が伸びる」
週刊ポスト
今いくよ・くるよのコンビは上方漫才大賞の大賞をはじめ、いくつもの賞を受賞し、“女性漫才師のパイオニア”として活躍した。(時事通信フォト)
《時代を敏感に感じ取ってきた女性芸人たち》日常的だった「容姿いじり」からの脱却、変化するその環境や意識
女性セブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン