国内

災害級の猛暑で東京五輪が不安視されるもう一つの理由

真夏の五輪開催を懸念する声が相次ぐ

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々を心理的に分析する。今回は、今年の猛暑で不安視される東京五輪を分析。

 * * *
 8月の連休中も、うだるような暑さが続いている。天気予報は、「災害級の暑さになる恐れがある」と伝え、テレビの画面には、気温の上昇で真っ赤に染まった日本列島の地図が映し出された。とにかく蒸し暑い。そんな中、あちらこちらから聞こえてくるのは、来年の夏を不安視する声だ。友人同士で集まっても、タクシーに乗っても、皆言うことは同じ。
「こんなに暑くて、来年の東京五輪は大丈夫なのか?」
「下手をすると死者が出るのではないだろうか?」 

 11日には、水泳・オープンウォータースイミングの東京五輪テスト大会が、お台場で開催された。朝7時のスタートにもかかわらず、この時点ですでに気温は30℃だ。大会に参加したチュニジアのオリンピックメダリスト、ウサマ・メルーリ選手は、「経験した中で一番水温が高いレースだった」とコメントしたという。13日の総合馬術テスト大会クロスカントリーの部では、蒸し暑さのため人も馬も危険な暑さになり、選手たちが開始時間を早めてほしいと声を上げた。

 東京五輪を不安視するのは、暑さだけが理由ではない。気温が上昇した際の熱中症対策に対する「基準」が我々の中に出来つつあることも関係していると思う。

 その基準の一つとなっているのが、環境省の「熱中症予防情報サイト」で示されている、気温・湿度・放射熱・気流などを総合的に考慮した「暑さ指数(WBGT):湿球黒球温度」だ。5段階の“危険度”が設定された指数が、4段階目の28~31℃(気温はおおよそ31~35℃)になると「厳重警戒」となり、激しい運動や持久走など体温が上昇しやすい運動は避けるべきとされている。5段階目の31℃以上(気温が35℃以上)になると「危険」で、運動は原則中止すべきだ。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン