国内

災害級の猛暑で東京五輪が不安視されるもう一つの理由

 5段階目の「危険」レベルでは、子供の場合は特に運動を中止すべきとされており、指数の予測によっては、学校での体育の授業を中止したり、夏休みの屋外プールの開放を中止するところもある。これまで曖昧だった暑さへの危険度が、この指数によって危険となる“ライン”が線引きされたのだ。このラインを一つの基準に、一日に幾度となく暑さが話題になり、メディアは最高気温が上がる度に注意喚起する。指数レベルが「危険」になれば、「原則運動中止」が頭に中に刷り込まれていく。

 日々何度も聞いていると、こうした決められたラインが暑さ対策へのスタンダードになってくる。すると人は、そのラインから外れたものに矛盾や違和感を感じるようになる。学校では体育を中止するほど危険なこの時期に、「なぜわざわざ東京五輪を開催しなければならないのか」「開催して大丈夫なのか」「政府も東京都も組織委員会もおかしいのではないか」と。

 ところがこの指数は、「危険」レベルになっても「特別の場合以外は運動を中止する」とも書かれている。“特別の場合”なら、運動は中止されない。東京五輪は特別の場合に当てはまる“例外”であり、まるで「ダブルスタンダード(二重基準)」なのだ。メディアは一般市民に運動を中止するよう呼び掛けているのに、選手たちはこの暑さの中で競わねばならず、頑張れ!負けるな!と応援される。。

 東京五輪に出場する海外の多くのチームや選手たちは、この暑さを知らない。日本に住んでいる私たちでさえ堪える暑さに、選手たちは、チームはどう対処するのか。せっかくの東京五輪だからこそ、ダブルスタンダードのない、競いやすい環境での開催を望むばかりだ。

 競技によっては開始時間を早めたり、施設の遮熱を高めたり、座席に空調を設置したりと対策は進められているが、マラソンコースの遮熱性塗装では、路面温度は低いが一定の高さになると暑さ指数が逆に高くなるという研究結果が出ているという。東京五輪の組織委員会が考案し実施する熱中症対策だけで、果たして足りるのだろうか。来年の夏が涼しいことを願うだけだ。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン