スポーツ

東京五輪に台風直撃で開閉会式が真っ暗&聖火消える?

開会式や閉会式に直撃したら悲劇

 もし、東京オリンピック真っ最中の首都圏を大型台風が直撃したら……競技だけでなく開会式・閉会式のプログラムにも影響があるかもしれない。オリンピック憲章で競技実施期間が厳しく制限されていたり、巨額の放映権料が発生する放送スケジュール変更が難しかったりと、予定のスケジュール通りに強行開催される可能性が高く、開・閉会式も例外ではないからだ。

 過去の五輪では「花火」を使ったパフォーマンスが多く見られたが、台風襲来となれば火薬や発火装置の使用は難しくなるだろう。

 スポーツ紙五輪担当チーフは、リオ五輪の取材経験から、重大なリスクがあると指摘する。

「2016年リオ五輪では、閉会式の最中に雨風が強まり、会場だったマラカナン競技場周辺が数時間にわたって停電しました。リオ当局が自家発電施設を稼働させ、式典内容を一部変更して事なきを得ました。東京とブラジルではインフラ設備の質が違うとはいえ、決して他人事ではない」

◆大雨で聖火が消えてしまう?

 聖火ランナーへの応募者も殺到しているが、大雨・強風の中では「聖火の扱い」もデリケートになる。

 1964年の東京五輪では、兵庫―大阪間の聖火リレー前日に台風が接近し、同区間でのリレーが中止となった。東京都の招致活動で推進担当課長を務めた経験のある鈴木知幸・国士舘大学客員教授がいう。

「聖火は車で運ばれて、ランナーに選ばれた約700人は“幻の聖火ランナー”となりました。その時は後日、リレーの代わりに、水泳施設のプールサイドを周回する『聖火の夕べ』が行なわれました。今回も天候次第では聖火リレーの継続が危ぶまれる可能性はある」

※週刊ポスト2019年8月30日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン