国際情報

香港空港で殴られた中国紙記者は安全部工作員の疑惑浮上

香港の混乱はいつまで続く?

 逃亡犯引き渡し条例の改正案に反対する激しい抗議デモやデモ隊と警官隊との衝突など香港で混乱が続いている。

 中国共産党機関紙『人民日報』傘下の国際情報紙『環球時報』記者が取材中、香港国際空港でデモ隊に襲われて手を縛られ殴打される事件が起きたが、この記者は実は、中国の情報機関である中国国家安全省の工作員であるとの疑いが急浮上している。米政府系報道機関「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」が報じた。

 この人物は『環球時報』の付国豪氏。付氏は8月13日、デモ隊多数が占拠していた空港ロビーで、デモ隊の動きをずっと注視しているなど不審な動きを怪しまれ「デモ参加者を装った警察官」と騒がれたことから、激しく抵抗。中国のパスポートを提示して、「私は記者だ」と叫んだことから、デモ隊に殴打された後、病院に運ばれた。

 中国系香港紙や中国メディアは翌日、身の危険があるにも関わらず果敢に取材現場に飛び込み、取材をしていた付氏を「英雄」と称えると同時に、デモ参加者の暴力行為を激しく批判する報道を行った。

 これに対して、VOAは『環球時報』の胡錫進・編集長に取材を行い、付氏が取材目的で香港に入ったにもかかわらず取材ビザはなく観光ビザで香港に入境し、さらに記者証も携帯していなかったと報道した。また、北京の米情報筋はVOAに「この記者は国家安全省の工作員だ」と語ったと伝えた。その根拠として、同情報筋は付氏の身分証に記載されていた北京市海淀区万寿路の住所が国家安全省の職員寮の所在地であることを挙げた。

 また、付氏は2つの違う名前の銀行口座を所有していることや、『環球時報』のほか、北京市にあるコンサルティング会社「世華万向資訊公司」にも勤めていることになっていることも明らかになった。同社は海外に進出する中国語メディアに対して情報提供を行っている。

 同情報筋はVOAに対して、「一般人が名前を2つ持つことはまず不可能だ」と語っているが、工作員はそれぞれの名前に合わせて、パスポートや身分証も使い分けているという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン