芸能

花田美恵子さん ハワイで交通違反12回、有罪で奉仕活動も

運転が下手なわけではないが、なぜか交通違反で捕まることが多いという

「新婚ですがお互いの生活を尊重するため“週末婚”を続けているそう。ハワイに移住してからの美恵子さんは、さらに自由奔放に生きていて羨ましい!」(テレビ局関係者)

 2007年に元横綱・花田虎上(48才)と離婚し、2009年から1男3女とともにハワイでシングルマザーライフを送り始めた花田美恵子さん(50才)。ヨガインストラクターの仕事も始め、昨年末には13才年下の日本人男性と再婚した。

 しかし今年7月、再婚前の2010年頃から4年間、別の男性と結婚していたことが『FLASH』誌で報じられた。美恵子さんは取材に対し、「大人の事情なので」と答えをはぐらかした。

 ミステリアスなところも美恵子さんの魅力の1つだが、“秘密”はこれだけではない。

「ハワイは車社会。美恵子さんは子供たちを乗せるために大きなSUVを持っていました。でも…それほど運転が下手というわけでもないのに、なぜか交通違反で捕まることが多いんです。ある時は裁判で有罪判決を受けて社会奉仕活動をさせられていました」(美恵子さんの知人)

 日本では「あおり運転」が社会問題になるなど、運転に対する意識が問題視されている。ハワイ在住とはいえ、日本でも活動する美恵子さんの交通マナーは気になるところ。そこで、ハワイでの裁判記録を確認すると驚くような事実が明らかになった。

 最初の違反は、移住から半年後の2009年10月2日で、「ヘッドライト点灯義務違反」だった。それから9日後には、運転中に携帯電話などを使用した「ながら運転」で御用。さらに翌月には「車両からのポイ捨て」で逮捕され、100ドルの罰金と「社会奉仕4時間」の有罪判決を受けていた。

 それ以外にも「法定速度違反」「通行妨害」などの交通違反を繰り返し、2013年9月には「携帯電話使用禁止」で逮捕。しかも、裁判に遅刻して「口頭注意」を受けていたという記録まであった。その時の罰金刑は150ドルだった。

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン