• TOP
  • 国内
  • 桜田義孝元五輪相「失言なんかしたことありません」と新失言

国内

2019.09.10 07:00  週刊ポスト

桜田義孝元五輪相「失言なんかしたことありません」と新失言

 また、「今日は横浜で開かれたアフリカ会議に数少ない国会議員の中から行きましてね」と最近の活動報告を始めたかと思うと、

「日本が国連の常任理事国になるには気難しいヨーロッパより、アフリカの約50票を狙ったほうがいい。私はそろばん勘定は達者なんですよ。頭は悪いけどね」

 と調子が上がる。そして締めに近づくと、やっぱり……。

「正直に言う政治家が必要だと私は思うんです。(ほかの政治家は)『皆さんの声を国会に届けます』とか言っておいて自分の都合の悪い時はよぉ……。俺はこの前言ってやったんだよ。私は失言なんかしたことありませんと。文句言われても構わない。正直に、まっとうにやりたいんです」

 あぁ、失言とは自覚してなかったということなのか……。

 桜田事務所に発言の真意を問うと、「パーティの企画担当に聞いてほしい」との回答。その担当者に尋ねると、

「あれは7月30日に発足した先生を支援する会『令和目安塾』の集まりです。クローズドの会なんで、それだけご理解ください」

 との説明だった。“新失言”でもう一花咲かせるつもりか。

「失言なんかしたことない」と新たな失言(写真/時事通信フォト)

※週刊ポスト2019年9月20・27日号

関連記事

トピックス