• TOP
  • スポーツ
  • リーチマイケル、代表外国人選手は「日本の心理解する男」

スポーツ

2019.09.13 16:00  女性セブン

リーチマイケル、代表外国人選手は「日本の心理解する男」

フランカーのリーチ マイケル選手(撮影/中村功)

 9月20日に開幕するラグビーワールドカップ。活躍が期待される注目の日本代表選手を紹介。元ラグビー日本代表でTBS系『ノーサイド・ゲーム』で俳優デビューを果たした廣瀬俊朗からの一言も。

◆リーチ マイケル選手(30才)/フランカー。ニュージーランド出身。190cm 110kg。東芝ブレイブルーパス。

 15才の時、ラグビーの本場、ニュージーランドから留学生として来日。2大会連続でW杯のキャプテンを務めることになったリーチ マイケル選手は、日本人より日本の心を知る“サムライ・ラガーマン”だ。

「今の日本代表は、鎖国をやめ、外国からいろんな技術や人が入ってきて、急速に世界と互角に渡り合えるようになった明治維新の頃とよく似ています。違うのは、サクラのジャージーに誇りを持つ外国人は、長く日本に住み、日本に溶け込み、日本のこころを理解しようとする男たちだということです」

 日本代表は外国人選手が多い──そんな批判があるのはわかっている。だからこそ、日本の歴史を学び、日本のために戦う覚悟を全選手に説いてまわった。

「最後の課題は、俳句です(笑い)。チームの力になれるような秀作を作りたいんですけど、これが、なかなかうまくできなくて(苦笑)。まぁ、まだ時間はあるので、なんとか一句、捻り出します」

■廣瀬俊朗の一言
「日本大会でプレッシャーも喜びも大きい中で、どうやってチームをまとめるのか要注目!」

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

関連記事

トピックス