• TOP
  • ライフ
  • 一人で6年かけてコツコツ、ネックスピーカー開発秘話

ライフ

2019.09.21 16:00  女性セブン

一人で6年かけてコツコツ、ネックスピーカー開発秘話

開発に6年をかけた人気のウェアラブルスピーカー

『AQUOSサウンドパートナー』(実勢価格約2万3000円前後)、約280g)は、映画や音楽を高音質で臨場感たっぷりに楽しめる、首にかけるタイプのウェアラブルネックスピーカーだ。開発したのは、シャープの新規オーディオ開発部・蓑田英徳さん。技術者として自分が作りたいモノを作る自主活動の中で、6年という時間をかけて、ひとりでコツコツ試作を行ってきた商品だ。

 昨今のテレビは薄型で、スピーカーも小さく薄い。すると、音質面ではどうしても迫力や臨場感のある音を出しにくくなってしまう。テレビの映像はどんどん美しくなっていくため、それに見合った音質を提供したい。そう考えたのが開発のきっかけだった。

 試作品は、ホームセンターで揃えた道具を使い、手作りしたという。最初に作ったのは、首にかけるためのパイプにスピーカーがついているもの。有線ケーブルで音源とつなぐ。

 試作検証を進める中で、音質を高めるには、音の振動を体に直接伝える方法がよいのではないかと考えた。具体的には、スピーカーに蛇腹をつけて振動させ、その振動を体に伝えることで重低音を体感できるような試作品を作った。

 これこそが、サウンドパートナーの内部に組み込まれているパッシブラジエーター型とバスレフ型の組み合わせ構造へとつながっていく。

 2017年には無線回路を組み込み、スマートフォンの音源をスピーカーに飛ばせるように進化。この時期から、会社として商品化を推し進めることになり、さらに小型軽量化を目指して外装などの設計を行った。小型化と高音質の両立という課題をクリアし、晴れて2019年3月に発売となる。

 サウンドパートナーは、映画やゲームなどの迫力ある重低音を楽しむだけでなく、ニュースやナレーションなど人の話す声を聴きやすくするモードも選択できる。「夜遅くに帰宅したお父さんが、家族が寝静まったリビングでテレビを見る時にもおすすめです」と蓑田さんは語る。

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

手作り感あふれる試作品(一部)からは6年間の試行錯誤がうかがえる

関連記事

トピックス