ライフ

「最強食品ランキング」から読み解く「食べ方」と「見分け方」

キャベツは「胃腸力を上げる」1位に

 注目の研究レポートがアメリカの消費者情報誌『コンシューマー・リポート』に掲載された。そこには、「健康的な食事内容が人を幸せにする」と書かれていた。

 同報告書をひもとくと、うつ状態の人は腸内の善玉菌・悪玉菌のバランスが悪いことや、食物繊維の豊富な野菜を摂っている成人はうつ症状を起こしにくいこと、反対にソフトドリンクやインスタント食品など「超加工食品」を頻繁に摂っている人はそうでない人に比べ、33%うつ病リスクが高まることなど最新研究がデータとともに掲載されている。

 つまり、食生活は体の健康だけでなく、心の状態にも影響を及ぼすということだ。本誌・女性セブンでは、これまで8回にわたってテーマ別に専門家に取材し、作成してきた「最強食品ランキング」のポイントを再集計した。

そして、「自然治癒力」「血管力」「胃腸力」「疲労回復力」「肌力」「更年期障害」「内臓脂肪」「アンチエイジング」…これらすべてを体現する「最強食品“最強”ランキング」を作成した。

【食べるべき最強食品ランキング】
1位:納豆
2位:ヨーグルト
3位:いわし
4位:豚肉
5位:にんにく
6位:キャベツ
7位:トマト
8位:さば
9位:卵
9位:鶏肉

◆野菜は小ぶりの方がいい

「最強食品」がどんなラインアップかわかったところで知りたいのは、これらをどんなバランスで食べるべきなのかだ。秋葉原駅クリニック医師の佐々木欧さんは効果的な食べ方についてこんなアドバイスをする。

「食材には一長一短があるため、極端な偏りは避けましょう。肉は栄養価が高い半面、脂質の点では不利であり、摂りすぎると心筋梗塞や脳梗塞など血管系の病気になるリスクが高まる可能性があります。

 魚にはEPAやDHAなどの良質な脂質が含まれますので、たんぱく源としては、肉よりも魚を多めに摂ることをおすすめします。また、肉を食べる時は特に、野菜と一緒に摂るように意識してください。その際、野菜を先に食べる“ベジファースト”を心がけるとさらにいいです。野菜を先に食べると糖質の吸収が抑えられ、血糖値の急激な上昇を防ぐことができるからです」

 血糖値の急激な上昇を抑えることは、糖尿病予防だけでなく、血管へのダメージを軽減して脳梗塞や心筋梗塞などの予防にも役立つといわれている。また、肥満リスクを抑えるうえでも効果的だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン