• TOP
  • 芸能
  • おぎやはぎの「ブス」テレビ ひな壇のブスをどう集めるのか

芸能

2019.09.30 16:00  NEWSポストセブン

おぎやはぎの「ブス」テレビ ひな壇のブスをどう集めるのか

仲の良さもおぎやはぎの「芸」

おぎやはぎの「言葉の軽さ」が奏功している

──確かに、ブスにまつわる話は他人ごとのつもりで観ていたら、気づけば身につまされる思いになることもたびたびありますね。そして、毎回観ていますが飽きない!なによりも司会のおぎやはぎが良いですよね。どんな理由で司会の人選が行われたのでしょうか?

濱崎:企画を進めていく中で、『ブステレビ』は「Abema GOLDEN 9」で配信されることが決まりました。この枠は、地上波のテレビでもMCとして活躍されている芸能人の方にMCしてもらいたいという方針なんです。そういう基準で司会にふさわしい人を考えた場合、企画自体が物議をかもすものなので、尖った芸風の芸人だと、番組企画とぶつかってしまうと考えました。攻撃的なタレントさんは避けようとなりました。さらに、好感度を気にしないけど本音トークが上手な芸人さんに担当して欲しかったんです。その結果、おぎやはぎさんにたどり着きました。

 おぎやはぎさんとは、スタッフの1人が過去に仕事をした経験があり、口説いてもらえたのもラッキーでしたね。今となっては、彼ら以外が司会をすることはありえなかったと思います。

──小木さんも矢作さんも「お前らと共演しても何も得もならない!」とひな壇のブスに対して、けっこう酷いことを言う。ところが、言葉だけは明らかな悪口なのに、嫌味にならないのが魅力ですね。良い意味で言葉が軽い。

濱崎:人徳でしょうね(笑)。2人はブスとの距離感が絶妙なんです。ベタベタはしないけど、コメントに愛がある。守りもしないけど、それぞれの個性は尊重している。

──ひな壇に座るブスの方々も個性的なメンツ揃いですよね。どのように集めているのですか?

濱崎:番組制作において、出演するブスメンバーをどうやって募るのかについては、最もネックとなった部分です。本放送の前にパイロット版を制作した際、初めてブスメンバーを集めることとなりました。でも、さすがに「ブスの人、募集しています!」とはいかないわけですよ。まずはタレント事務所、エキストラ事務所、そして知人にも声をかけました。声をかけ続けたら、類は友呼ぶのかブスメンバーが友達をブスとして紹介してくれるんですよ。芋づる式に出演者は揃っていきました。

──色々なメディアを観ているつもりなんですが、最近だと『ブステレビ』の宇佐麻衣さんが1番面白い。芸人でもタレントでも無い、一般人でOLの宇佐さんがスケボーで通勤している様子を取り上げた回は衝撃的でした。想像がつく、変わった人をはるかに超えた、奇妙な一般人でしたね。

濱崎:宇佐さんの日常に密着したあの放送回は、僕も嘘であってくれ!と思いながら、VTRをチェックしていました。一般人である宇佐さんは元々、制作会社の方が連れてきた人なんです。どうやって宇佐さんという逸材を見出したのか聞いても、彼女を見つけた経緯を誰も教えてくれない。だから、僕は妖精なんじゃないかと思っています(笑)。台本も何もないのに、タレントを相手に「アンタ、よーく見るとブスですよねぇ!」と毒づける素人なんています?宇佐さんは、テレビのロジック、人間のロジックを超えて予想外の面白さを見せてくれます。

関連記事

トピックス