国内

炎上の典型的パターン 日本人の「ルール厳守」主義が影響か

ネットニュース編集者の中川淳一郎氏

 ネット炎上には、一定のパターンがある。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、炎上の典型的パターンについて分類し、「ルール厳守」主義が影響していることを浮き彫りにする。

 * * *
 外国人の彼氏と一緒に日本のレストランに行ったことをツイートした日本人女性がネットで叩かれた。要約すると、英語で「これください」と彼氏は言ったが英語力のないウエイターは彼の方を見ることなく女性に喋りかけた、というもの。最後に彼女はウエイターに向かって“I don’t understand”(店の対応が「理解できない」の意)と言ったという。

 彼女への批判を大別すると【1】ここは日本だ【2】あなたが注文してやれ【3】最後の一言は意地が悪い【4】ミスを避けようとしたウエイターが可哀想、など。

 だが、彼女はウエイターが彼氏にコミュニケーションを取ろうとしなかったことを悲しがっているので、論点が噛み合っていない。彼女の気持ちも理解できる。

 どちらが正しいか、については互いの言い分があるため結論は出ないだろう。ただし皆、どうでもいいことに対していちいち意見を言い過ぎてはいないか。非常識だと思ったり、気に食わなかったとしても、わざわざ声を上げることの意味がよく分からない。仕事相手や家族・友人ならまだしも、所詮、赤の他人だ。

 まったく関係のない者の「過干渉」が余計な軋轢を生み、人々の心をギスギスとさせる。いい年した大人なんて考え方は変わるわけがないのだから、諭すようなことはする必要はないし、ましてや猛烈に叩く必要もない。本人が非常識なのであれば、それはそれでその人が選んだ人生だ。非常識の度合いが凄まじかったらいずれしっぺ返しを食らうだろう。

 外野が一斉に一人の人間をボコボコにする様というのは、仮に元ネタの発信者が非常識であったとしても、「もう充分に叩かれているから、自分はこの“祭”に参加しないでいいかな。もう乗り遅れちゃったもんね」ぐらいに思えばいいのである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン