芸能

ナイツ塙宣之「自分でお金を払って見たい漫才師」No.1は?

毎日のネタ作りを欠かさない。「漫才で表現できないことはないと思っています」

 年末の風物詩ともいえる「M-1グランプリ」決勝に向けて、今年も予選が行われている。そんな中、2018年に審査員を務めたナイツ塙宣之さんの漫才論『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』(聞き手・中村計/集英社新書)が好調だ。インタビュー【後編】は、ウケるネタとは何か、そして、様々な人気芸人についても伺った。

* * *

◆練習しないほうがウケる理由

──塙さんのお話の中には、他の仕事でも役立ちそうなことがいくつもありました。たとえば練習をしすぎない。相手のあるパフォーマンスには少なからず通じる、一つの真理のような気がします。「練習を披露するという態度は、一緒に演奏する仲間の音を無視することになる」という趣旨の、あるジャズピアニストの言葉を思い出しました。

塙:漫才もお客さんと作っていくものなので、ガチガチに練習しないほうがいいんです。不思議なことに、ネタ合わせをしないでやったネタのほうが、本番でウケるんですよ。でもこれには理由があって、練習しなくてもいいネタというのは、ネタそのものが面白いし、自分たちに合っているから。つまり大事なのは練習よりも、ネタ作りなんです。

──ネタに関しては、「質より量」と言いますか、量をこなすことで質が上がってくる、と仰っています。

塙:売れなかった20代後半に一日一本のネタ作りをするようになってから、今でも毎日、短めのネタをブログに書き続けています。量をこなして初めて気づくことってあるんです。僕らの場合は、その気づきが、「ヤホー漫才」につながっていきました。だから、なかなか芽の出ない若手には、一本でも多くのネタを書きなさいとアドバイスしたい。

──ネタの素材はどこから見つけますか?

塙:漫才で表現できないものはないと思っているから、それはもう、すべてとしか言いようがないですね。

──もう一つ、ネタに「スッと入る」のがいいというのは、スピーチや会話、文章などに共通するところがあると思います。

塙:僕はスッと入るのが好きなんです。ただ難しいのは、漫才は早い「つかみ」が大事なんですね。だから、少しでも早くと、「前振り」につかみを入れてくる芸人がいます。でも、前振りではなく、ネタの中でつかむほうがいいと思う。水泳の飛び込みのイメージで、入りは水しぶきを上げずにスッと入るんです。で、最初のひとかき目かふたかき目でつかむ。飛び込む前にああだこうだと言いすぎると、スタートが遅れる気がするんですね。

 スッとネタに入るコンビを見ると、ネタで勝負しにきているなと自信を感じるし、その後の期待が高まります。2018年のM-1では、入り方が気になった芸人が何人かいた中で、霜降り明星の入りはすごくきれいでした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
1986年11月の「リベンジ髪切りデスマッチ」
【クラッシュ・ギャルズvs極悪同盟】長与千種、ライオネス飛鳥、ダンプ松本、ブル中野…当事者たちが明かした“最凶の抗争”40年目の真実
週刊ポスト