霜降り明星一覧

【霜降り明星】に関するニュースを集めたページです。

9組のファイナリストと敗者復活組を加えた10組が結晶を戦う(M-1グランプリ2021公式サイトより)
M-1決勝進出は関東コンビが躍進 大阪吉本マンゲキ勢の逆襲はあるか
 12月2日、漫才日本一を決める『M-1グランプリ2021』のファイナリスト9組が決まった。決勝の模様は、ABCテレビ・テレビ朝日系列で12月19日に生放送される。出場資格は“コンビ結成15年以内”。今年は過去最高の6017組の漫才師がエントリーし、決勝の舞台では9組のファイナリストに敗者復活組が加わった10組が火花を散らすこととなる。 初の決勝進出となったのは「真空ジェシカ」、「モグライダー」、「ロングコートダディ」、「もも」、「ランジャタイ」の5組。そして過去に決勝進出経験のある「ゆにばーす」、「インディアンス」、「オズワルド」、「錦鯉」も選出された。アンタッチャブル(2004年優勝)以来のプロダクション人力舎所属ファイナリストとなる真空ジェシカ、ナイツ以来となるマセキ芸能社所属のモグライダー、そしてグレープカンパニー所属のランジャタイなど、今年は例年に比べ、関東の漫才師の躍進が目立つラインナップだ。 過去に霜降り明星、ミルクボーイ、見取り図、からし蓮根、さや香など、多くの優勝者やファイナリストを輩出してきた大阪吉本の若手劇場である「よしもと漫才劇場」、通称マンゲキから選出されたのは、ロングコートダディとももの2組。準決勝進出25組のうち、マンゲキからは、さや香、ヘンダーソン、カベポスター、からし蓮根、見取り図、マユリカらが勝ち上がっていたが、いずれも敗退している。また元マンゲキの“劇場番長”だったアインシュタイン、劇場所属はしていないものの大阪吉本に所属する金属バットなど、実力派関西芸人も、決勝に駒を進めることができなかった。 これまで、2018年優勝の霜降り明星、2019年優勝のミルクボーイと、マンゲキ所属芸人の躍進が続き、昨年は吉本興業(東京吉本)に所属するマヂカルラブリーが王者となったが、今年はマンゲキ勢の返り咲きはあるのか。「ファイナリストに選ばれたのは2組だけですが、十分期待できます」と語るのは、大阪の劇場に通う在阪ライターだ。「ロングコートダディ(堂前透、兎)は関西の若手芸人のなかでも、“コントといえばロコディ”と言われるほどの実力派コンビです。今年は惜しくも『キングオブコント』(TBS系)の決勝に勝ち上がれませんでしたが、M-1決勝進出でその雪辱を果たせるか、期待が高まります。 今年の単独ライブは東京と大阪で開催されましたが、どちらも大盛況でその人気の高さが伺えました。彼らのコントは独特の空気感と、堂前透のセンスが光る唯一無二のネタが魅力。また『堂前としか芸人をする気はない』と語る相方の兎も、自然体での“笑いの空気”を醸し出せる。そんな実力派コント師としての評価が高い2人がどんな漫才を見せるのか、注目して見てほしい。今回のM-1決勝では漫才師としての実力があらためて評価される舞台になるのではないでしょうか」(以下同) そしてもう1組が、こちらも初のファイナリストとなった若手コンビ・ももだ。「もも(せめる。、まもる。)は、2017年に結成されたフレッシュなコンビです。大阪NSC35期で、同期にはゆりやんレトリィバァ、からし蓮根、レインボーなど、早くから活躍している芸人たちも多く、そのなかでも地道に劇場で腕を磨いてきました。いかつい見た目の『まもる。』と、物静かそうな黒髪オタク風の風貌の『せめる。』が、見た目とのギャップエピソードで話を展開させていくというネタが彼らの定番です」 マンゲキ勢には、敗者復活からの下剋上を狙う注目コンビもいる。「個人的に注目したいのは、今年劇場で『ネタの調子が良い』と好評だったヘンダーソン(子安裕樹、中村フー)とマユリカ(阪本、中谷)。ヘンダーソンはNSC大阪校29期で、見取り図や金属バットと同期のコンビ。安定した漫才の巧みさには定評がありましたが、今年に入ってから、少し趣向を変えたネタ作りをしていて、ファンの間でも『ヘンダーソンのネタが進化している』と話題になっています。 マユリカは霜降り明星やコロコロチキチキペッパーズを輩出したNSC大阪校33期のコンビ。劇場ファンの間では知名度も高く、とくにツッコミの中谷が女性を演じるコント漫才は鉄板で爆笑をかっさらいます。今勢いがあるコンビなので、敗者復活戦での活躍に期待したいです」 決勝戦を勝ち抜き、漫才日本一の称号を手にするのははたして──。
2021.12.04 16:00
NEWSポストセブン
【動画】霜降り明星・粗品「KingGnu井口の恋人」と焼肉4時間
【動画】霜降り明星・粗品「KingGnu井口の恋人」と焼肉4時間
 緊急事態宣言が明けて間もない10月中旬の夜、都内の個室焼肉店に霜降り明星の粗品さんとタレントのあのさんの姿がありました。 2人が焼肉店から出てきたのは入店から約4時間後。 裏口から時間差で店を出た2人は別々のタクシーに乗り込みました。 昨年4月、「King Gnu」の井口理さんとの交際が報じられたあのさん。 2人は、TBS系の情報番組「ラヴィット」の企画に出演。 焼肉は、その“反省会”だったのではという声もあります。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.11.04 16:00
NEWSポストセブン
霜降り明星ら人気芸人を起用した新バラエティ番組の成否は
霜降り明星・粗品「KingGnu井口の恋人」と4時間”焼肉密会”は謝罪か
 今、最も忙しい若手芸人と言えば、この男だろう。緊急事態宣言が明けて間もない10月中旬の夜。都内の個室焼肉店に、霜降り明星・粗品(28才)の姿があった。この店は多くの芸能人がお忍びで通う名店。この日、粗品と2人っきりで過ごしていたのは、元アイドルグループ「ゆるめるモ!」のメンバーで、現在は歌手、タレントとして活動するあの(年齢非公表)だった。2人の関係は──。 せいや(29才)と粗品からなる大阪出身のお笑いコンビ・霜降り明星。彼らがお茶の間に躍り出たきっかけは、2018年の「M-1グランプリ」優勝だった。以来、“お笑い第7世代”の筆頭格として活躍し、テレビやラジオで週14本ものレギュラーを抱える売れっ子となった。10月からは粗品が進行役、有吉弘行(47才)がMCを務める情報バラエティ番組『有吉の世界同時中継~今、そっちってどうなってますか?~』(テレビ東京系)がスタート。先輩芸人にも引けを取らない進行ぶりが評価されている。  マルチな才能を発揮する一方で、弱みも隠さない。あるお笑い番組関係者は、「ギャンブル好きで“貯金ゼロ”を公言し、インスタグラムには寝癖姿をアップ。だらしないのかと思いきや、同棲中の彼女と結婚を考えているとテレビで話すことも。クズなのか真面目なのか、そのつかみどころのなさが、多くのファンを魅了しているようです」と評価する。 そんな売れっ子芸人の粗品と、あの、2人には意外な共通点があるという。「2人の共通の話題は音楽とゲーム。粗品さんはボーカロイドの楽曲プロデュースも手がけていて、2021年5月に自身の音楽レーベル『soshina』を立ち上げています。さらに、ゲームの腕前もプロ級で実況動画が人気を集めています。」(芸能関係者) 粗品とあのの出会いは、2021年7月に放送されたバラエティ番組だった。「あのさんが司会をつとめるバラエティ番組『あのちゃんねる』に粗品さんがゲストとして出演。ゲームの話題でかなり盛り上がっていました」(別の芸能関係者) この夜、2人が焼肉店から出てきたのは入店から約4時間後。2時間制の店のはずだが、よほど意気投合したのか、2時間延長となったようだ。裏口から時間差で店を出た2人は別々のタクシーに乗り込んで姿を消した。 あのは去年4月に人気バンド「King Gnu」のボーカル井口理(28才)との交際が報じられている。粗品も同棲中の彼女がいるはずだが、どういう関係なのか。2人の所属事務所にこの日のデートのことを聞いたが、期日までに回答はなかった。「この密会の数日前の10月13日、あのさんは朝の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)にゲスト出演したのですが、そこで全国的に大きな話題を呼んでいます。もしかしたら、その“反省会”だったのかもしれません」 と話すのは、前出の芸能関係者だ。あのは、TBS系の人気バラエティー『水曜日のダウンタウン』の企画「『ラヴィット!』の女性ゲストを大喜利芸人軍団が遠隔操作すれば、レギュラーメンバーより笑い取れる説」に挑戦。千原ジュニア、野性爆弾のくっきー!、笑い飯の西田幸治ら、大喜利が上手い芸人たちの指示を受けて『ラヴィット!』で珍回答を連発し、朝からお茶の間に衝撃を与えていた。その芸人チームの中に粗品もいたという。「『ラヴィット!』は番組中にクイズが出されるので、そこがあのちゃんの活躍ポイントでした。浅草の名店七味唐辛子の中には何が入っている? というクイズに『ほぐした赤LARK』と答え、それはTwitterでトレンド入りしました。これは笑い飯の西田さんの“回答”でしたが、粗品さんが考えたのは、『チーソーの赤い部分』。チーソーという麻雀牌があるんです。ギャンブル好きの粗品さんらしさを感じさせる回答でしたが、これはさすがに朝の情報番組には似つかわしくなかった(笑い)。『ラヴィット!』放送中は、あのちゃんが遠隔操作されていたことは明かされていないので、彼女が回答するたびに、スタジオ内は気まずい空気が流れていましたよ(笑い)。粗品さんは、そんな彼女を励ますためにディナーに誘ったのか、あるいはチーソー回答の謝罪だったのかも」(前出・芸能関係者) しかし、生放送で大喜利を“代弁”するという難役をこなしたあのの胆力の凄さは伝わった。
2021.10.29 07:00
NEWSポストセブン
睡眠の大切さを考える(写真/Getty Images)
「寝るのが怖い」霜降り明星せいやも公言「睡眠恐怖症」の病気リスク
 地球上の動物たちが、生命を維持するために自然と行うこと、それが「睡眠」だ。幼い頃に親が寝かしつけてくれたことや、自分が子供を寝かしつけたことを覚えている人はいるだろう。しかし、「眠り方」を教わった経験がある人は少ないはずだ。世の中には、運動が苦手な人がいるのと同じように、「睡眠」が苦手な人が存在する。 お笑いコンビ・霜降り明星のせいや(29才)は、「睡眠恐怖症」を公言している。ここ10年以上、23時以前に寝たことがなく、2018年に『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で優勝してからは、毎日深夜3時まで眠れずに起きているという。自身のYouTubeでは「寝るのが怖い」と語り、「寝る決心がつかない」「布団に入るという発想がない」と明かした。 会社員の田中美香子さん(仮名・38才)は、毎晩、寝ることに抵抗を感じると話す。「眠ると一日が終わって、起きると朝になっているあの感覚が、時間をムダにした気持ちになって大嫌いなんです。夜になると1分でも長く起きていたいと考えてしまう。とはいえ、夜中にできることも限られているし、延々とスマホの動画やテレビを見て過ごすだけです。ここ数年、テレビや電気を消して眠ったことがありません。睡眠不足で日中はぼんやりしますが、夜になると不思議と目がさえるんです」 1日1回、まとまった睡眠を取る人間に対し、多くの動物は、細切れに眠る。有吉祐睡眠クリニック院長の有吉祐さんが解説する。「動物にとって、睡眠は恐怖を伴う時間でもある。外敵から身を守る必要性などから、長時間の連続した睡眠を取りづらい。細かい睡眠を分割して取り、1回の眠る時間が人間より短いことが多いのです」 人間も、朝と夜の概念がない新生児は細切れで眠る。眠ることに抵抗を持つ人は、動物的な「本能」が強く残っているように思えなくもないが、有吉さんは否定する。「『眠りたくない』という人は、起きて何かをしなければと考える“活動欲求”が過剰なことが多い。眠っている時間は非生産的で何も生み出さないから、睡眠はできるだけ短時間にしようと考えてしまうのです」 一般的に、7.5時間程度の睡眠時間を取ることが最も健康的だとされる。精神科医の樺沢紫苑さんが言う。「『眠りたくない』と考えるのは、睡眠障害の兆候。6時間睡眠を14日間続けると、2日徹夜したのと同程度まで認知機能が低下するという研究もあります。きちんと睡眠を取れば6時間で終わる仕事が、睡眠を1時間削ったことで8時間かかることもある。睡眠時間を削ることは、パフォーマンスの低下につながります」 あらゆる病気のリスクを高めることもわかっている。「睡眠が6時間以下の人は、そうでない人と比べて、がんが6倍、脳卒中が4倍、心筋梗塞が3倍、高血圧が2倍、糖尿病が3倍、風邪が5倍のリスクがあり、死亡率が5.6倍上がるという研究もある。最近では、新型コロナウイルスに関する論文があり、睡眠時間をしっかり取る人は、取らない人より感染リスクが低いというデータもある」(樺沢さん)「眠りたくない」と考えてしまう人は、強引に削った睡眠時間が大きな反動となって返ってくることを理解すべきだ。※女性セブン2021年9月23日号
2021.09.13 11:00
女性セブン
「芸人ラジオ」がますます充実、「コスパ最高の趣味」とリスナー大満足
「芸人ラジオ」がますます充実、「コスパ最高の趣味」とリスナー大満足
 世の中には様々な趣味があるが、相当な出費を伴うものも少なくない。たとえば、アニメや漫画が趣味であれば、書籍やソフト、グッズなどを購入するお金が必要だ。あるいは、ドライブが趣味であれば、車を買うお金も必要だし、維持費も必要になる。 その一方で、なかにはほとんどお金を使わずに、楽しみを享受できる趣味もある。そのひとつとして最近注目されているのが「芸人ラジオ」だ。エンタメ事情に詳しいライターの大塚ナギサ氏はこう説明する。「芸人のラジオ番組は古くから人気ですが、一昨年くらいから“お笑い第7世代”が人気となっていることもあって、最近また芸人ラジオが盛り上がっています。TBSラジオの『JUNK』では、伊集院光、爆笑問題、おぎやはぎなど、ニッポン放送の『オールナイトニッポン』もオードリー、ナインティナイン、霜降り明星、三四郎などがレギュラーを務めています。さらに『オールナイトニッポン』は3月末から深夜0時台に、新ブランド『オールナイトニッポンX』を立ち上げ、ぺこぱやフワちゃんの新番組もスタート。どんどん芸人ラジオの層が厚くなっていますね。 また、最近ではYouTubeでも芸人がラジオスタイルの番組を配信することが増えています。ニューヨーク、オズワルド、ウエストランドなどがその代表格です。東野幸治さんは、YouTubeで『東野幸治の幻ラジオ』という番組を配信していますが、こちらは4月からABCラジオで新番組が始まるということで、一旦休止となります」 実際に、芸人ラジオを趣味としているお笑いファンに話を聞いた。 都内に住む30代の男性会社員・Aさんは、暇な時間はたいてい芸人ラジオを聴いているという。「ラジコ(ネットで全国のラジオを聴けるアプリ・サービス「radiko」)の有料会員になっているので、全国の芸人ラジオをタイムフリーで聴いています。毎週聴いているのは、『空気階段の踊り場』(TBS)、『ハライチのターン!』(TBS)、『ダイアンのよなよな』(ABCラジオ)、『かまいたちのヘイ!タクシー!』(TBS)、『和牛のモーモーラジオ』(文化放送)あたりですね。あと、『JUNK』はできるだけ毎日聴くようにしていて、『オールナイトニッポン』は、オードリー、三四郎、霜降り明星を聴いています。通勤時間は必ずラジオを聴いていて、家にいるときもほとんどラジオはつけっぱなしです。 実際に芸人ラジオにかけているお金は、ラジコのプレミアム会員料金の月額385円のみです。こんなにコスパのいい趣味はないと思います」 とにかくたくさんの番組を聴いているというAさん。そのすべてを聴ききれないことも多いという。「自分のなかで優先順位の高い番組はできるだけリアルタイムで聴いて、それ以外の番組はラジコのタイムフリーで聴くか、ラジコの録音アプリを使って後でまとめて聴くか、『ラジオクラウド』という無料のラジオアプリで1.5倍速再生するかのいずれかです。正直、時間は全然足りません」(Aさん)◆YouTube番組なら睡眠時間を確保できる? 一方、YouTubeの芸人ラジオにハマっているというのは、都内在住の20代会社員・女性Bさんだ。「一昨年のM-1グランプリでオズワルドを見て、気になって色々チェックするようになったんです。それで、『オズワルドのニューラジオ』、『ニューヨークのニューラジオ』などを聴き始めて、そのほかにもYouTubeを中心に、いろんな番組を聴いています。YouTubeは、再生速度を速くできるので、“今回はあんまり面白くなさそうだな”という時には、1.25倍速とか1.5倍速で聞いています」 Bさんもやはり芸人ラジオは“コスパがいい”と感じているようだ。「ラジオのいいところは“ながら聴き”ができるところ。これが映画やアニメだとちゃんと見なきゃいけないけど、ラジオだったら何かをやりながら聴けるので。以前はアニメにどっぷりハマっていて、睡眠時間を削って見ていたんですが、ラジオであればその必要もない。しかも無料。もっといろいろな芸人さんがYouTubeでラジオを始めてくれたらいいのにと思っています」(Bさん) 聴く時間が足りないくらい充実しているというのに、お金がほとんどかからない芸人ラジオ。ファンにとっては、最高にコスパのいい趣味と言えそうだ。
2021.04.05 19:00
マネーポストWEB
霜降り明星ら人気芸人を起用(時事通信フォト)
霜降り明星、次世代のダウンタウンやナイナイになるための条件
 もはや一時のブレイクではない。「M-1グランプリ2018」優勝を果たしてから2年が経ち、お笑いコンビ・霜降り明星のメディア露出はやや落ち着くどころか、ますます絶好調だ。 すでに『霜降りバラエティ』や『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(ともにテレビ朝日)、『霜降りミキXIT』に『クイズ!THE違和感』(ともにTBS)などレギュラー番組を複数抱える同コンビだが、4月からは『オトラクション』(TBS)、『新しいカギ』(フジテレビ)のふたつの新番組もスタートする予定だ。 ミュージシャン・西川貴教とともにMCを務める『オトラクション』(毎週火曜19時〜)は、「音」をテーマにしたデジタル・アトラクションにチームで挑む「子どもから大人まで家族で楽しめる音感バラエティ」とのこと。 一方の『新しいカギ』(毎週金曜20時〜)は、チョコレートプラネット、霜降り明星、ハナコによる「コント中心の総合お笑いバラエティ番組」。フジテレビの伝統とも言えるゴールデンタイムのコント番組ということで、『新しいカギ』が令和の『笑う犬の冒険』や『はねるのトびら』となるか、期待がかけられている。 さらに4月からは、2019年4月よりパーソナリティを担当してきた『霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)もめでたく1部に昇格した。これまで27時からの放送だったのが、25時からの放送となり、さらにリスナーは増えそうだ。 公式You Tubeチャンネル『しもふりチューブ』も絶好調で、3月18日時点、チャンネル登録者数は128万人に達している。これだけ多忙なスケジュールをこなしながら毎日更新を続けているだけでも驚きだ。 どこまでも続く上り調子は、単なる「いま人気の芸人」というステージを完全に突破した。霜降り明星の勢いに、かつてのダウンタウンやナインティンナインを思い出す人々は少なくない。彼らがお笑い史にその名を刻みつけ、末永くテレビの第一線を走り続けるためには、あとひとつ何が必要なのか? お笑い評論家のラリー遠田氏は、それは「代表作」だとにらんでいる。「霜降り明星の2人は、それぞれが圧倒的な才能とセンスを持っている上に、仕事に対する意識が高く、これまでにも十分すぎるほどの実績を残してきました。 これから彼らが国民的な人気芸人になるために必要なのは、代表作となるようなバラエティ番組を持つことだと思います。ダウンタウンなら『ダウンタウンのごっつええ感じ』や『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』、ナインティンナインなら『めちゃ×2イケてるッ!』のように、歴代のレジェンド芸人は代表作となるような人気番組を持っていました。 番組が当たるかどうか、スタッフに恵まれるかどうかというのは運の要素もあるし、時代の空気にも左右されるので、簡単に上手くいくわけではありません。でも、霜降り明星が今後そういう番組を手がけることができれば、その人気はさらに飛躍的に伸びていくはずです」 4月からの新番組は、霜降り明星の代表作となりうるか。◆取材・文/原田イチボ(HEW)
2021.03.21 16:00
NEWSポストセブン
新生「R-1グランプリ」に賭けた芸人&スタッフの舞台裏
王者をお笑い界のスターに R-1グランプリの舞台裏と次回への課題
 空前のお笑いブームと言われる中、ピン芸も独自の発展を遂げてきた。その最前線であり続けた「R-1グランプリ」(カンテレ・フジテレビ系)の決勝戦が3月7日に行なわれ、ゆりやんレトリィバァの優勝が話題となった一方、番組進行の混乱を巡っては物議も醸した。今年からリニューアルされた同大会の舞台裏を、ノンフィクションライターの中村計氏がレポートする。(敬称略) * * * ねらい通りの顔ぶれとなった。今年のピン芸人日本一を争う「R-1グランプリ」の決勝は、10人中8人が初出場だった。 今年から芸歴10年以内という出場制限をかけた理由を、演出を担当する関西テレビの塩見真生はこう語る。「荒削りであっても、鮮度を優先しようと思った。ここ数年、よくも悪くも、決勝メンバーがおなじみの方が多くなっていた。そのぶん、ネタの質は保証されますが、フレッシュ感は薄れていく。それによって若手芸人さんのモチベーションが下がってしまうのも心配でした。なので、R-1に貢献していただきながら出場できなくなってしまった芸人さんたちには大変申し訳ないのですが、腹をくくって区切らせていただきました」 フレッシュさで言うと、一等星の輝きを放っていたのは高田ぽる子だ。芸歴2年目、史上最年少となる22歳で決勝進出を決め、「おじいちゃんの乳首がー」と歌いながらおじいちゃんの乳首を買いに行くという珍芸を披露し、堂々の4位に食い込んだ。 今大会は出場制限以外にも、MCを若手コンビの霜降り明星に替えたり、審査員を大幅に入れ替えたり、あるいは、表記を「R-1ぐらんぷり」から「R-1グランプリ」とカタカナ表記に変更するなど、大小さまざまな変革に踏み切った。出場制限や、「グランプリ」というカタカナ表記などは、日本最大のお笑いイベント、M-1グランプリ方式を模倣しているようにも映る。塩見が続ける。「これまではM-1と差別化をはかろうとし過ぎて、お祭り感をだしたり、点数制をなくしたりしていた。でも、M-1は完成されたイベント。だったら、プライドを捨てて、参考にさせてもらおうと思ったんです。全部真似したわけではないんですけど、M-1のような緊張感のあるレースを意識したら、結果的に似てきたところもありました」「芸人愛」がとにかく強い じつは、全国ネットの賞レースという意味では、R-1とM-1はもう1つ共通点がある。M-1の制作は朝日放送なのだが、ともに関西キー局が手がけているのだ。お笑いの本場の局員だけに「芸人愛」がとにかく強い。塩見の口調が熱を帯びる。「きれいごとに聞こえるかもしれませんけど、賞レースを担当している人間にとって、視聴率など以上に芸人さんを思っているところがある。去年はコロナの関係で、無観客でやらざるをえなかった。でも、今年は芸人さんのためにも絶対にお客さんを入れたかった。たとえ大阪の会場になろうとも」 芸人にとって、客の笑い声は「ガソリン」だ。ガソリンを給油することで、勢いを持続することができる。つまり、無観客でやるということは給油なしでレースに臨むようなもの。それはさせられなかった。そのため、今年は客を入れられることを最優先に会場を選定。R-1史上初めてのクールジャパン大阪で開催されることになった。 今大会は客の笑い声が戻って来て、芸人もその声に乗って行った。その中で、いちばん大きな波に乗ったのは、5回目の出場で悲願の初優勝を飾ったゆりやんレトリィバァだった。 塩見にはもう1つ、実現したいことがある。「R-1で優勝した芸人が、その後、あんまり活躍してないと言われることが多い。これまではお祭りっぽくやっていたから王者感がなく、ふさわしい扱いをされなかったのかなとも思う。なので、チャンピオン感の出る大会にしていきたい」 R-1は確かに生まれ変わった。そして、新生R-1にふさわしい王者も誕生した。ただ、ひとつ誤算だったのは、今大会の王者はすでに売れっ子だったことだ。王者をお笑い界のスターに──。その宿題だけは、来年以降への持ち越しとなった。※週刊ポスト2021年4月2日号
2021.03.20 16:00
週刊ポスト
霜降り明星ら人気芸人を起用した新バラエティ番組の成否は
霜降り、チョコプラ、ハナコを起用 フジの新番組『新しいカギ』の不安材料
 フジテレビが久しぶりにゴールデン帯でお笑いバラエティ番組を立ち上げる。4月からチョコレートプラネット、霜降り明星、ハナコの3組による『新しいカギ』が金曜20時台にスタートする。テレビ局関係者が事情を打ち明ける。「昨年、個人視聴率が本格的に導入され、テレビ局は全体的に若い層にターゲットを戻している。そのため、フジはかつての得意ジャンルだった若者向けのバラエティを新設した。フジは13~49歳男女を『キー特性』と呼び、彼らの個人視聴率を重視している。その物差しだと、全日(6~24時)、ゴールデン(19~22時)、プライム(19~23時)の3部門で1月、2月ともに日本テレビに次いで、2位につけています。4月の改編で、さらに勢いをつけたいという狙いです」 フジは2012年に全日帯、ゴールデン帯、プライム帯で世帯視聴率3位に沈んで以降、浮上できていない。昭和後期や平成初期、あれほど人気のあったフジはどうして低迷したのか。「2000年代後半くらいから、黄金期を支えてきた制作者たちが続々と独立や定年退職をしたり、他部署や関連会社へ異動したりして、伝統が受け継がれなくなった。今のバラエティ班にも『とんねるずのみなさんのおかげです』『めちゃ2イケてるッ!』を作ってきたテレビマンはいますが、視聴率の良かった頃を知る人はあまりいない。それが、『新しいカギ』の不安要素でもあります」『新しいカギ』は今年1月3日に特番が放送され、若者を中心に好評だったため、レギュラー化したという。かつてのフジの人気バラエティ『とんねるずのみなさんのおかげです』や『ダウンタウンのごっつええ感じ』は数回の特番を経て、レギュラーに昇格した。回数自体はさほど変わらないが、とんねるずは『ねるとん紅鯨団』、ダウンタウンは『夢で逢えたら』というフジの深夜帯で高視聴率を獲得していた実績がある。「1回の特番でレギュラー化は、時期尚早かもしれません。しかも特番には、ゲストに木村拓哉や新庄剛志などが出ていて、プレミア感もあった。かつてのフジは深夜枠で試してから、ゴールデンに昇格させていた。土曜20時の『めちゃ2イケてるッ!』の前には『とぶくすり』『めちゃ2モテたいッ!』などがあったし、水曜20時の『はねるのトびら』の前には『新しい波8』があった。今はそんな余裕がないのでしょう」 久々のお笑い芸人主体のバラエティだけに不安はつきまとう。「最近のバラエティは1組の芸人に預けるのではなく、大勢の芸人が集まってチームワークで盛り上げる形式が主流です。しかし、霜降り、チョコプラ、ハナコの3組が揃って、フジで一緒にレギュラーを持っていたわけではない。スタッフも含めて、個々では仕事を一緒にしていても、1つのチームが出来上がっているわけではない。チョコプラと他の2組の年齢が離れていることも気になります。 とはいえ、不安要素を上げれば切りがない。この時代に、総合バラエティを立ち上げる意欲は評価したいと思います。仮に視聴率が上がらなくても、半年や1年で終了させず、上層部は長い目で見てほしい。そうでないと、フジはこの10年の停滞と同じことを繰り返すことになりかねません」“バラエティのフジ”の復権なるか。
2021.03.20 16:00
NEWSポストセブン
霜降り明星の1部昇格に祝福の声が続々(時事通信フォト)
霜降り明星ANN“1部昇格”でラジオリスナー「金曜が忙しい」
 吉本興業所属の人気お笑いコンビ・霜降り明星がパーソナリティを務めるラジオ番組『オールナイトニッポン0』(ニッポン放送/毎週金曜 27時~)が、4月の改編によって『オールナイトニッポン』(同/毎週金曜 25時~)へ“昇格”することが発表された。 春の改編を最高の形で突破した霜降り明星には、ラジオリスナーから次々と祝福の声が寄せられている。 関西の大学に通う男子学生で、ハガキ職人もしているというAさん(20代)は、今回の昇格についてこう語る。「霜降り明星のラジオは関西のローカルラジオ番組(『霜降り明星のだましうち』ABCラジオ)の初回から、『ANN0』まで全ての回を聴取しています。関西の一若手芸人だった彼らが賞レースを勝ち抜き、M-1王者になり現在に至るまで、リスナーはラジオを通じてせいやさん、粗品さんと一緒に成長してきたという感覚があります。 芸人のラジオはたくさん聴いていますが、若手の中では飛び抜けて面白いし、華があると思います。(今回、霜降り明星と入れ替わりで金曜2部に“降格”した)三四郎の『ANN』も聴いていますが、この下克上展開もまた2組のコンビのキャラクター上、面白いなと思いますね」(Aさん) 霜降り明星のラジオは女性リスナーからの人気も高い。「芸人のラジオが大好き」という女性・Bさん(30代)も、今回の昇格に祝福の声を寄せた。「『Bittersweet Samba』(ANNのテーマソング)に合わせて霜降り明星のラジオを聴けるというのが、一ラジオファンとしても嬉しい限りですね。ただ心配なのが、ラジオリスナーとして金曜日が忙しいということです(笑い)。 普段は『radiko』のアプリを利用して全国のラジオを聴いているのですが、金曜日は面白い芸人さんのラジオが多い。たとえば、『さしよりからし蓮根』(CRKラジオ関西/22時~)、『かが屋の鶴の間』(RCCラジオ/23時~)、『和牛のモーモーラジオ』(文化放送/25時~)、『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ/25時~)など盛りだくさんです。 radikoにはタイムフリー聴取機能(1週間以内に放送された番組を聴取できる機能)があるのですが、やっぱりなるべくリアルタイムで聴きたい。霜降り明星の1部昇格で、嬉しい悲鳴です(笑い)。霜降りのお2人は、時間帯が早まるからといって、これまでのスタイルを変えないでほしい。今まで通り、週刊誌の裏側も暴露するような攻めたスタイルで突き進んでほしいです」(Bさん) 最近では粗品が音楽レーベルを立ち上げ、ボカロ楽曲をリリースするなど、漫才以外でも多芸多才ぶりを発揮する霜降り明星。そんな彼らのラジオは、サービス精神旺盛なトークやハガキ職人との軽妙なやりとり、スタッフ陣との絡みが魅力だ。ANN1部への昇格で、より一層、ラジオ界でも不可欠な存在になっていくかもしれない。
2021.03.09 19:00
NEWSポストセブン
マヂカルラブリーの大抜擢はあるか?
M-1王者マヂラブにラジオリスナーからの熱視線 ANN抜擢もあるか
 年度末を控えたこの時期、ラジオリスナーたちのあいだで盛り上がる話題といえば、ラジオ番組の改編予想だろう。なかでも注目の的となるのは、今年で54年目を迎える長寿番組・ニッポン放送『オールナイトニッポン』(以下、ANN)のパーソナリティだ。 月曜から土曜の深夜1時から放送されている同番組は、1967年の放送開始以降、その時代を象徴するタレントやアーティスト、お笑い芸人らがパーソナリティを務めてきた。現在のラインナップは、菅田将暉(月曜)、星野源(火曜)、乃木坂46(水曜)、ナインティナイン(木曜)、三四郎(金曜)、オードリー(土曜)となっている。 一方、深夜3時から放送されるANNの「2部」こと『オールナイトニッポン0(ZERO)』(以下、ANN0)は、よりフレッシュな顔ぶれが並ぶ。ラジオの新時代を担う新たなパーソナリティを発掘するという役割もあるのだろう。現在の布陣は、ファーストサマーウイカ(月曜)、Creepy Nuts(火曜)、テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行(水曜)、水溜りボンド(木曜)、霜降り明星(金曜)。土曜日は週替わりで旬なパーソナリティが登場する。 自分がいつも聴いているパーソナリティが4月の改編を乗り切れるのか「改編突破」に向けて不安を抱くリスナーがいる一方で、新たにどんなパーソナリティが起用されるのか、期待に胸を膨らませるリスナーたちもいるだろう。そうした中で、次期ANNパーソナリティ候補として注目を集めているのが、2020年の『M-1グランプリ』(ABCテレビ・テレビ朝日系)王者、マヂカルラブリー(通称、マヂラブ)だ。「あれは漫才なのか?」論争を巻き起こした型破りなコンビだが、なぜ彼らに期待が寄せられるのだろうか? ラジオのハガキ職人をしている男子大学生・Aさん(19歳)は、こう語る。「マヂラブは、確実に“ラジオスター”になれる逸材だと思います! 2020年3月に野田クリスタルが『R-1ぐらんぷり』(カンテレ・フジテレビ系)で優勝した後、4月と9月の2回、『ANN0』のゲストパーソナリティにマヂラブが起用されています。その回があまりにも面白く、ラジオ好きのあいだでは『アルピー』(アルコ&ピース)に続くラジオスターはマヂラブだと話題になりました。 深夜帯に聴きやすい2人の声と、まだお茶の間には知られていないトークスキルが絶妙で、1時間半があっという間に過ぎていきました。野田のマッチョネタや、哲学好きな村上による『プラトンのイデア』トークは、ラジオ好きにとって神回と記憶されているはずです。2部(ANN0)ではなく、いきなり1部(ANN)に起用されてもおかしくないと思います」 マヂラブの『ANN0』レギュラー入りを期待するのは、Aさんだけではない。同じくラジオファンの女性・Bさん(30歳)も、改編に向けて一番注目しているコンビがマヂラブだという。「世間では奇妙な漫才をする鬼才というイメージが強いかもしれませんが、トークのスキルはすごく高いし、2人ともラジオ好きなところも高ポイントです。『ANN0』のときは、ラジオに最適なトークのテンションや尺(長さ)、話題を熟知しているという印象でした。村上の声はハキハキとしていて聴き心地よく、野田はハガキ職人のいじり方がめちゃくちゃに上手い。 昨年の2度の『ANN0』出演のあと、M-1優勝を経て、今年1月には1部のゲストパーソナリティにも起用されています。その回では、村上の腕時計に対する偏愛など奇妙なエピソードが披露され、ラジオファンの友人とLINEで『村上のポテンシャル!!』と盛り上がりました。 もちろん、現在の『ANN0』のパーソナリティ陣も粒ぞろいで、そこに割り込むのは並大抵のことではないでしょう。ただ、霜降り明星が1部に昇格して、そこにマヂラブが入る可能性も十分あると思います。他にもラジオファンの間では、『鬼越トマホーク』が入ってくるのではという予想も多く、『鬼越か、マヂラブか』の2択で盛り上がっています」(Bさん) 昨年のM-1優勝以来、飛ぶ鳥を落とす勢いのマヂカルラブリー。お笑いファンだけでなくラジオリスナーからの待望の声も引っさげて、人気番組への大抜擢はあるか。
2021.02.06 16:00
NEWSポストセブン
霜降り明星の1部昇格に祝福の声が続々(時事通信フォト)
第7世代の旗手・霜降り明星、「同期芸人」たちの快進撃も凄い
 目覚ましい活躍でお茶の間スターとなった「お笑い第7世代」の芸人たち。「第7世代」という言葉は、大阪のローカルラジオ『霜降り明星のだましうち』(ABCラジオ)における霜降り明星・せいやのコメントがきっかけだった。 その時の発言は、霜降りが出演していた『新しい波24』や『AI-TV』(いずれもフジテレビ/2017~2018年)での共演メンバーをはじめ、YouTuberなどの同世代クリエーターを巻き込み、シーンを盛り上げていきたいという趣旨のものだった。 おそらく、せいや自身も「第7世代」という言葉がここまで一人歩きするとは予想していなかったろうが、この言葉によって新たな若手芸人が活躍の場を得たことも事実だ。固定されがちであったお笑いシーンに新たな風を吹かせたことは、一つの功績だろう。 そんな若手芸人のなかでも、ひときわ活躍が目立つのが、霜降り明星の“同期芸人”たちだ。吉本興業では大阪NSCの33期、東京NSCの16期にあたり(せいや・粗品ともに養成所であるNSCの卒業生ではないが、「NSC33期」と同期扱いとなっている)、他事務所も含めると錚々たるメンバーとなっている。 代表的な面々には、コロコロチキチキペッパーズ、ゆにばーす、しゅんしゅんクリニックP、女性ピン芸人・堀川絵美(以上、吉本興業)、ハナコ、平野ノラ(以上、ワタナベエンターテインメント)、カミナリ(グレープカンパニー)らがいる。 これから“ネクストブレイク”するであろう、霜降り同期芸人(大阪NSC33期/東京NSC16期)の面々について、お笑い好きの在阪記者は、こう分析する。「今、よしもと漫才劇場で好成績を残しているのが、2020年のキングオブコント決勝に出場した『滝音』です。彼らも、南海キャンディーズ・山里亮太や霜降り明星・粗品、あるいは銀シャリ・橋本直のように、ツッコミのワードセンスで笑わせる芸風が魅力。なかでも独特な高音ボイスで、一人称が『あたし』というツッコミ・さすけは大阪大学出身のインテリ芸人でもあります。 お茶の間のスターになりたい、といった野心は見えず、劇場のトークコーナーでは『お笑いをしている今が幸せ。今まさに芸人になりたいという夢が叶っている状態』と語る謙虚な一面も、他の芸人たちとは違う魅力かもしれません」 すでに賞レースで好成績を残してきた芸人たちも多い。「注目しているのは実力派漫才師の『マユリカ』、そして異色のコント師『ビスケットブラザーズ』です。マユリカのツッコミの中谷祐太は元漫画家で“お絵かき芸人”としても知られる。小学館の新人コミック大賞で佳作を受賞した経歴の持ち主です。 一方、ビスブラは過去にキングオブコントの決勝にも進出した実力派。劇場で彼らのコントを見ると、大きな劇場の一番後ろの席にまで響き渡る声量に驚かされます。舞台に登場した瞬間から客席に笑いが起きるなど、芸人としての存在感も抜群。最近テレビ露出も増えてきた『空気階段』とともに、定期的にユニットライブ『俗の細道』を行なっていますが、今年のライブも独特の世界観で客席を魅了していました。 そしてコントと漫才どちらもいける『ニッポンの社長』。辻はNSC34期と一つ先輩にあたりますが、劇場の芸人からも一目置かれる存在です。ケツは霜降りと同期のNSC33期で、大阪時代のせいやのルームメイトでもありました」(同前) 緊急事態宣言以降、よしもとの劇場も有効席数を大幅に削減し、密を回避しながら劇場運営を続けてきた。「なんばグランド花月」や「よしもと漫才劇場」は、1か月ほど前からようやく隣同士になる座席使用を許可し、客を前方に詰めて座らせるようになったが、コロナ前に比べれば客入りは3分の1ほどに抑えられている。 前出・在阪記者によれば「平日の漫才劇場の公演は、だいたい最前列から2列空けており、C列からI、J列くらいまで客で埋まっている」状況だという。コロナ禍で芸人にとっても厳しい状況になっているが、12月1日には大阪城の足元に「森ノ宮よしもと漫才劇場」が新たにオープン。この苦境を乗り越えて、“当たり年”と名高いNSC33期の中から、新たなブレイク芸人が現れるか。
2020.11.30 16:00
NEWSポストセブン
コウテイほか、注目コンビの名前が続々(吉本興業ホームページより)
今年のM-1は誰が制す?「仕上がっている」コンビの名が続々
 今年もお笑い界の冬の一大イベントが近づいてきた。12月20日に『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日系)の決勝戦が開催される。例年、M-1を機にブレイクする芸人は数多く、ここ数年でも霜降り明星やミルクボーイらが、一気にスターダムの座に躍り出た。 そして、目前に迫るのが12月2日に開催される準決勝だ。エントリー総数5081組から、2回戦では593組、準々決勝では115組に絞られ、準決勝に勝ち進んだのはわずか25組。ここに“GYAO! ワイルドカード枠”として、動画サイト「GYAO!」での視聴数1位を記録したラランドを加えた計26組が準決勝を争い、決勝戦への切符を手にする9組が発表される。 今年もダークホースとなるコンビが出現するのか? 毎年、M-1が近づくにつれ、大会に向けてネタが「仕上がっている」と噂されるコンビが出てくる。コロナ禍による劇場休業期間もあったため、優勝候補のコンビも予測できない状況が続いていたが、関西の劇場界隈では徐々に「仕上がりコンビ」についての話題が聞こえてくるようになった。 劇場再開後、毎週大阪の劇場に足を運んできた在阪記者は、次のように話す。「今年の大会は、よしもと漫才劇場(通称マンゲキ)所属芸人から、カベポスター、タイムキーパー、ニッポンの社長、見取り図、祇園、コウテイ、からし蓮根、滝音、ロングコートダディの9組が準決勝に進出しています。劇場での公演数が多いマンゲキ所属芸人たちは、ライバル関係であるのはもちろん、平日の夜にはユニットコントといって、複数のコンビが共同でライブを開催するなどして芸の幅を広げています。 なかでも今年、客席でひときわ大きな笑いが起きているのが『コウテイ』です。アヴァンギャルドなネタと爆発力だけでなく、秋頃からは特にギラギラした野心的した眼差しが印象的です。舞台に登場した瞬間から、良い意味で威圧感があり、本気でM-1を狙っているのが伝わってきます。昨年までとネタの構成も変えて、シュールなのに多くの人が笑えるようなネタに仕上げてきています」 一方、過去のM-1王者が期待を寄せるコンビもいる。前出の記者が続ける。「なんばグランド花月で定期的に開催されている『LEAP』というライブがあります。11月26日に開催された『LEAP #06』にはカベポスター、祇園、からし蓮根、滝音と、準決勝進出組が4組も参加していました。ライブの司会を担当したのは、2016年M-1王者の銀シャリ。冒頭から『この中から王者が現れるかもしれない!』と期待を寄せ、ネタ後のアフタートークでは、からし蓮根と滝音の2組が登場しました。 その際、銀シャリのツッコミ担当・橋本直は『キングオブコント2020』(TBS系)で決勝に進出した『滝音』に、『周りの芸人のなかでも、仕上がっているってよく聞くよ!』とコメント。ツッコミ担当・さすけの独特なツッコミを真似する一幕もありました。 一方、銀シャリのボケ担当・鰻和弘も『M-1前に橋本に真似されると、演技が良い。去年はM-1前に橋本がミルクボーイ内海(崇)のモノマネをしていた。当時、ミルクボーイは誰も知らなかったけれど、一躍有名になった』と験担ぎ発言。さらに語彙力が豊富なさすけのツッコミについては、『君は橋本と一緒で“日本語好き”やろ?』と、鰻ならではの“天然”な褒め言葉で会場を沸かしていました。 もちろん、過去にM-1決勝に進出した経験があるからし蓮根に対しても、その漫才のレベルの高さに改めて感心した様子でした」(同前) 銀シャリも注目する滝音とからし蓮根のほか、キングオブコント2020決勝に進出したニッポンの社長とロングコートダディの2組はコントの実力に加えて、漫才も折り紙つきだ。過去には霜降り明星やミルクボーイがそうであったように、再びマンゲキから新たなスターが登場するか。
2020.11.28 19:00
NEWSポストセブン
『M-1グランプリ2020』は現在2回戦が開催中(公式サイトより)
今年は芸人間でも予想困難?M-1に向け仕上がっているコンビは
 お笑い界の年末の風物詩、『M-1グランプリ2020』(ABCテレビ・テレビ朝日系)の決勝戦が、12月20日に開催されることが決まった。新型コロナウイルスの感染拡大によって開催そのものが不安視されていた今回の「M-1」だが、無事に1回戦は終了し、10月末から11月半ばにかけて行われる2回戦のネタ動画が、公式サイトで最速で公開されている。 毎年、この時期になると、芸人たちやお笑いファンの間では、日頃のお笑いライブや単独ライブの様子を通じて、「あのグループが仕上がっている」「あのグループは勢いがある」といった話題が飛び交う。しかし、よしもとの劇場が緊急事態宣言解除後も10月まで劇場の座席数を大幅に減らし、また単独ライブなども開催が困難であったこともあって、例年のような仕上がり具合の探り合いも難しい状況にある。 手がかりとなるのは、「よしもと漫才劇場」(以下マンゲキ)や「よしもと無限大ホール」で開催される若手芸人を中心としたネタ見せライブの様子だ。特に劇場での舞台出演数が多いよしもとの若手芸人は、「M-1」が近づくにつれ、規定の4分間の漫才ネタを何度も披露し、客の反応を見ながら微修正をくわえ、完成度を高めていくのが通例となっている。 大阪のマンゲキに足繁く通うお笑いファン・Aさん(30代)は、劇場での若手芸人たちの勢いについて、次のように語る。「マンゲキではオール新ネタを下ろす『新ネタライブ!!ハイキック寄席!!』という企画があるのですが、そこで大きくウケて目立っていたのは『キングオブコント2020』で決勝戦に出場した『ロングコートダディ』や『ニッポンの社長』ですね。ほかにも霜降り明星・粗品も注目する『コウテイ』や『カベポスター』、そして『エンペラー』や『からし蓮根』のウケもよかったです。今や風格すらある『学天即』の漫才も毎回拍手笑いが起きています。 M-1の公式サイトで2回戦の全ネタがアップされていますが、『アキナ』は劇場でコントとして披露してきた鉄板ネタを、漫才にアレンジしたものを披露していました。やはり実力派コンビなので今年も注目したいです。 正直、毎週劇場に通っているものの『仕上げてきている!』と感じるコンビは、まだ多いわけではありません。どの芸人さんの漫才も面白いのですが、M-1用の4分間ネタを仕上げてくる緊張感は、やはりもう少し差し迫ってきてからになるでしょう」(A氏) マンゲキにはまだ全国的に浸透していない注目コンビも数多く在籍している。別のお笑いファン・Bさん(40代)は、異色のコンビを紹介してくれた。「ここ最近、第7世代のトリオ芸人というと『四千頭身』や『ハナコ』が注目されますが、マンゲキメンバーのトリオといえば『なにわスワンキーズ』でしょう。コントのクオリティがとても高いことで知られていますが、漫才でもそのコンビネーションの良さは健在です。 また、霜降り明星と同期の『マユリカ』や『ビスケットブラザーズ』も劇場の人気コンビで、実力派の若手芸人です。女性芸人では、最近露出が増えた『紅しょうが』に加えて、シュールで独自の世界観が魅力の美人双子コンビ『Dr.ハインリッヒ』のネタにも注目してほしいですね。11月から12月の頭にかけて単独ライブを入れてくる芸人さんも多いので、M-1直前に一斉に仕上げてくるのだと思います」(Bさん) コロナ禍を受けて、なんばグランド花月や漫才劇場も収容人数を大幅に減らして運営されてきた。そうした異例の状況で、緊張感をもってM-1用の漫才ネタを完成させるには、例年とは違う難しさもあるだろう。そんな中、まだお茶の間で広く認知されていない実力派若手芸人が、密かに切磋琢磨しあっている。今年も新たなスターが誕生するのか、はたまた決勝進出常連組が勝ち上がるのか? 例年以上に予想困難な『M-1グランプリ2020』の決勝が、今から楽しみだ。
2020.11.03 16:00
NEWSポストセブン
『』(公式HPより)
テレ朝が勝負を賭ける土日の「30分×2本」、勝算とリスク
 テレビ局ではこの秋、新番組を始めたり、番組の放送時間を変えたりするなどし、新たな編成で放送をスタートさせている。中でも注目を集めているのがテレビ朝日だ。テレ朝が行う異例の改編とその狙いとは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * 10日、11日からテレビ朝日の思い切った番組編成がスタートします。 土曜はこれまで20時54分から22時10分まで放送されていた『サタデーステーション』を15分間短縮して21時55分に終了。21時55分から22時25分まで『あざとくて何が悪いの?』、22時25分から22時55分まで『ノブナカなんなん?』を放送します。 日曜はこれまで21時から22時54分まで放送されていた『日曜プライム』を終了。夕方に放送していた『サンデーステーション』を21時から21時55分に移動し、21時55分から22時25分まで『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』、22時25分から22時55分まで『テレビ千鳥』を放送します(11日は『ポツンと一軒家』が2時間SPのため『サンデーステーション』はなし)。 テレビ朝日は平日の21時54分から23時10分まで『報道ステーション』を放送していますが、土日の21時台に『サタデーステーション』『サンデーステーション』を放送することで“全曜日プライム放送”の形に変更。しかし、それ以上に驚かされたのは、土日の22時台に「30分番組のバラエティを2本並べる」という独自の戦略でした。 民放主要局でプライムタイムの30分番組は、『おしゃれイズム』(日本テレビ系)くらいしかないにも関わらず、あえて2本並べるという異例の戦略には、どんな狙いがあるのでしょうか。『マツコ会議』『有吉反省会』からの誘客 テレビ朝日のプライムタイムは、『報道ステーション』や、『相棒』『科捜研の女』などのドラマに加えて、バラエティも購買意欲の劣る中高年層視聴者の多い番組が大半を占めているため、「世帯視聴率の数値ほど広告収入を得られていない」という状況が続いています。 さらに今春、視聴率調査がリニューアルして視聴者層の詳細や視聴人数がわかるようになったことで、各局が広告収入を得るべく一斉にターゲットの若返りを実施。しかし、テレビ朝日だけはこれまでの経緯もあるからか、その姿勢を明確に示すことなく現在まで推移していました。 平日の番組表は一足飛びに変えられない一方、「より若年層の視聴が見込める土日の22時台から勝負していこう」という狙いは理にかなっています。テレビ朝日の平日は『報道ステーション』終わりの23時台から若年層向けのバラエティを放送していますが、「土日は1時間前倒しして22時台からバラエティを見てもらおう」ということでしょう。 ただ、「月曜23時台に放送されて好評だった『激レアさんを連れてきた。』を土曜22時台に移動させてうまくいかなかった」という反省があるためか、今回はネット動画の短尺コンテンツに慣れた若年層が見やすい30分番組を2本並べる形に変えました。 他局に目を向けると、日本テレビが土曜23時台に『マツコ会議』『有吉反省会』という30分番組を並べて成功していますが、今回のテレビ朝日は「それと同じパターンが1時間前倒しした22時台でもうまくいくのではないか」とみているのでしょう。さらに深読みすると、「30分番組に慣れた『マツコ会議』『有吉反省会』の視聴者がその前の『あざとくて何が悪いの?』『ノブナカなんなん?』も見てくれるのでは」と考えているのかもしれません。 また、『あざとくて何が悪いの?』と『ノブナカなんなん?』など、似たテイストの30分番組を2本並べることで、「テンポがいいため飽きられにくく、別番組という違和感が少ないためザッピングの可能性を減らせる」「一方の人気が出ると、その好影響でもう一方の人気も上がりやすい」などの効果が期待できます。「失敗したら4つの番組を失う」ハイリスク 逆に、似たテイストの30分番組を2本並べることで、「比較され、優劣をつけられやすい」「一方の不調にもう一方が引きずられ、2つの番組を失ってしまうかもしれない」などのリスクがあります。 今回のテレビ朝日で言えば、もともと『あざとくて何が悪いの?』『ノブナカなんなん?』は単発特番、『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』『テレビ千鳥』は深夜帯のレギュラー番組ですが、プライムタイムに昇格させたことで「ヘタすると4本の番組を失ってしまうかもしれない」のが怖いところ。『ロンドンハーツ』『激レアさんを連れてきた。』のように「うまくいかなければ再び深夜帯に移動させればいい」という考え方もありますが、一度与えたネガティブなイメージを回復させるのは難しいものです。 テレビ朝日は前述した番組以外にも、平日の深夜2時台に『バラバラ大作戦』という20分間の短尺バラエティ枠を作り、30代までの若手スタッフが企画プロデュースした14本の番組をスタート。また、今月31日にも、土曜の23時にドラマ『先生を消す方程式』、23時30分に『なにわ男子と一流姉さん』をスタートさせるなど、30分番組をたたみかけて若年層を集めようとしています。 そんなテレビ朝日の番組改編を聞いて思い出したのが、1年前に金曜19時台から土曜夕方に移動した『クレヨンしんちゃん』と『ドラえもん』。土曜夕方は日本テレビが『名探偵コナン』など30分間のアニメを17時30分から2本放送していたため、テレビ朝日はそれにピタッとつなげる形で『ドラえもん』は17時から、『クレヨンしんちゃん』は16時30分からに編成しました。この編成に対する不満はいまだにくすぶり、成功しているとも言い難いため、今秋に関しても懐疑的な声が少なくないのです。「そもそも『サタデーステーション』『サンデーステーション』のあとに、ムードも視聴者層もガラッと変わるバラエティを放送しても結果が出ないのでは?」という声もあるように先行きは不透明。ただ、テレビ朝日が他局より遅れていた若年層対策に力を入れはじめたことは間違いなく、業界全体の活性化を考えると成功を願わずにはいられません。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2020.10.10 07:00
NEWSポストセブン
『キングオブコント2020』ではジャルジャルが王者となった(公式サイトより)
KOC決勝からM-1へ 関西お笑いファンの注目コンビは?
 コントの日本一を決める『キングオブコント2020』(TBS系。以下、KOC)の決勝戦が、9月26日に放送され、過去に決勝進出4回の実力派コンビ「ジャルジャル」が総勢1707組の頂点に輝き、13代目王者となった。 お笑い芸人たちにとって同大会は、年末に開催予定の『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日系)と並んで大きな目標のひとつとなっており、実際、コントと漫才と形式は違えど、両方の大会にエントリーする芸人は少なくない。では、今回のKOCで決勝に進出したニューカマーの中で、年末のM-1での活躍も期待できるコンビはいるだろうか。大阪の劇場に通うお笑いファンたちに、注目のコンビを尋ねた。 よしもとの若手芸人が所属する『よしもと漫才劇場』(マンゲキ)に毎週通っているというお笑いファンの女性Aさん(30代)は、こう語る。「今回のKOCには、日頃から劇場でコントに磨きを掛けてきた『ニッポンの社長』、『ロングコートダディ』、『滝音』の3組が、同時に決勝進出しています。私自身は、同じくマンゲキメンバーで、昨年のKOCで決勝進出した『ビスケットブラザーズ』も応援していたので残念でしたが、この3組がお茶の間に認められる日が来たのだと、大興奮しました。『ニッ社』(ニッポンの社長)と『ロコディ』(ロングコートダディ)は、コント師を集めたユニットライブにも精力的で、新ネタもたくさん作っている努力家です。大阪のお笑いファンの間ではとても人気があります。この3組は漫才もかなりハイレベルです。毎年M-1も良いところまで残っていますし、このKOCの勢いにのってM-1の決勝進出も期待したいですね」(Aさん) 現在のお笑い界では、「第7世代」の活躍が目覚ましいが、そのブームの火付け役となったのは、2018年のM-1チャンピオンとなった「霜降り明星」だ。そんな霜降り明星のファンたちは、今年のKOC決勝をどう見たのか。「霜降り明星ファンの間で注目度が高いのは、せいやさんが率いる芸人軍団、通称『クサスティック4』です。由来は人を貶すことを意味する“くさす”という言葉で、せいやさんの他は、らぶおじさん(酎介)、とみた(キンニクイキンギョ)、そして今回KOCの決勝に進出した『ニッポンの社長』のケツさんという“仲良し4人組”です。 なかでもケツさんは、せいやさんが大阪時代にルームシェアをしていたメンバーのひとり。今回のKOCでも、シュールなネタが松本(人志)さんにウケていたので、最高でした。『ニッ社』は今年、関西芸人の登竜門のひとつである『ytv漫才新人賞』で準優勝していて、その実力も折り紙付き。今後、さらに露出が増えていくと思います」(B氏) 予選出場者の中にコロナウイルスへの感染が確認されるなど、当初は開催そのものに暗雲が立ち込めていた『キングオブコント2020』だが、無事に決勝戦まで開催されたことに胸をなでおろしたお笑いファンも少なくないだろう。はたして今回の決勝進出メンバーの中から、年末のM-1でさらなる飛躍を遂げる芸人たちは出てくるのか、今後の活躍に期待したい。
2020.09.29 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)
田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点
NEWSポストセブン
『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)
泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」
週刊ポスト
盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
日本は世界が憧れる国だと思っていたが……(イメージ)
在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
SDGs(持続可能な開発目標)についてテレビが取り上げる機会が激増していた(イメージ、時事通信フォト)
テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン