スポーツ

タイガー・ウッズ「東京五輪で戻って来る」の現実味

タイガーチャージをかけられるか(Getty Images)

 有言実行という覚悟の表われか。『ZOZOチャンピオンシップ』(10月24~28日)で、初日から一度もトップを譲ることなく完全優勝したタイガー・ウッズ(43)。米ツアー通算勝利数は82となり、サム・スニードの持つ最多勝記録に並んだ。

 来日後のウッズは大会前からイベントに引っ張りだこだったが、幾度となく“公約”を宣言した。20日のトークイベントでは「来年、米国代表としてここに戻ってこられるように頑張りたい」と、東京五輪への意欲を覗かせた。

「翌日の会見でも、五輪はプレーしたい大会、と強調。相当な意気込みです」(ゴルフ担当記者)

 各国の代表は世界ランキング(WR)を元に作成されるオリンピックランキング(OR)で決定され、ORの上位60人に出場権が与えられる。

「今回の『ZOZO』優勝でウッズのWRは10位から6位に上がりました。1か国から出場できるのは原則2人までで、WR15位以内の選手については同じ国から4人という制約がある。ウッズは米国勢の7番目から4番目に上がり、五輪代表圏内に入った。その一方で米国はWR15位以内に10人がランクインする激戦で、熾烈な争いが続いている」(同前)

 ORが決定される来年6月23日の段階で、米国上位4位以内をキープしなければならない。

「上位にいるのは29歳のケプカ(WR1位)をはじめ、20代の選手がほとんど。タイガーは年齢に加え、8月には5度目となる膝の手術をしているので、安泰とは言えません。ポイントが高くランキングへの影響が大きい来年4月のマスターズ、5月の全米プロ、そして締め切り直前にある6月の全米オープンといったメジャーで勝てるかどうかが重要でしょう。

 ウッズは今年4月にマスターズで復活優勝した時もWR12位から一気に6位に上がり、五輪代表圏内に入った。チャンスは十分あると思います」(ツアー関係者)

 一時はWR1199位まで落ちながらも復活したタイガー・ウッズ。奇跡の“マスターズ連覇”で東京への道を切り拓いてほしい。

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン