芸能

古田新太、伊集院静氏… 一流表現者に共通する「原動力」

表現者・古田新太に会って感じたこととは

 作家、俳優、演出家、ミュージシャン……表現することを生業とする人のなかでも、一流と呼ばれる人たちはどこが違うのか──。プレッシャーがかかり、ノルマに追われる生活のなかで、モチベーションを保ち続けるのに必要なものはなんなのか。表現者ならずとも、ふと我が身を省みて、彼らの尽きないエネルギーについて不思議に思うことはないだろうか。このほど刊行されたインタビュー集『硬派の肖像』の中で、俳優の古田新太や作家の伊集院静氏など表現者31人に対面し、それをまとめたインタビュアー・水田静子氏はこう語る。

「根底に怒りというものがありますね。伊集院静さんにしても、社会に対しての怒り、自分自身に対しての怒りが感じられた。怒りとは枯渇感でもあって、それが作家としての原点になっていると思います」

 インタビュー内で伊集院氏は2011年の東北大震災を例に挙げ、誰も責任を負わないことに真っ先に声を上げ、こう語っている。

〈電力会社、政治家、学者、テレビ・メディア、寄付金の額を言う、アメリカの悪しきチャリティの真似をする有名人……まざまざと卑しさを見せつけられた。彼らには誇りがない〉

 一方で伊集院氏は〈おのれ以外のために何かをする、それが生きるということ〉とも語っている。常に下からの目線を忘れない理由には、挫折と苦労を味わってきた半生があるからだろうとして、水田氏は言う。

「応募した小説が酷評を受けたことで落胆し、執筆をやめた。そこに妻だった人との別れが重なり、一時は幻聴を聞くほど壊れていた。世の中は個人の悲しみなどとは関係がなく、平然と動いていると知った。放浪もした。でもその間にどこかの書評が、彼の小説を褒めていたんです。たった2行ほどの記事が伊集院さんを救い、勇気づけることになった。

 大切に切り取って机の前の壁にずっと貼っていたとおっしゃっていました。人生にはそんな瞬間があるのだと思います。伊集院さんの人を見る眼差しが優しく、書かれるものが心に沁みるのは、こういった、さまざまな感情にまみれながら生きてきたからだろうと思います。〈世の中の約7割の人は、人生がうまくいかない、夢が叶わない。私はそういう人たちに向けて書いている〉という言葉は、ずしりと胸に響きました」

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト