市川海老蔵(いちかわえびぞう)

市川海老蔵のプロフィール

市川海老蔵
年齢:44歳
生年月日:1977年12月06日
趣味・特技:バスケットボール・相撲鑑賞
身長:176cm
出身地:東京都

1985年に歌舞伎座『外郎売』で七代目市川新之助を名のり初舞台。2000年『源氏物語』の光君をつとめて会場は連日満員、新たな歌舞伎ブームを起こす。2003年2月、歌手で元モデルの日置明子との間に嫡出でない子(認知)がいることが判明し、話題に。2004年に十一代目市川海老蔵を襲名。その後、2009年にフリーキャスターの小林麻央さんとの交際が発覚、2010年1月に婚約発表の記者会見を行った。しかし同年11月には西麻布の飲食店で暴行を受けて大ケガを負う。2011年には第1子となる麗禾(れいか)が誕生。2013年には父・團十郎が死去し、市川宗家当主の家督を引き継ぐ。同年3月には第2子となる長男・勸玄が誕生。2017年には、麻央さんが乳がん闘病の末、死去。2020年5月、『十三代目 市川團十郎 白猿』と名を改めた。

最終更新日:2022年06月24日
関連キーワード

市川海老蔵の最新ニュース

市川海老蔵
市川海老蔵「團十郎襲名」より大事な「息子の新之助襲名」成功のために動画やSNS封印
 歌舞伎界の名門中の名門である成田屋に生まれ、常にスポットライトを浴びる人生を歩んでいる市川海老蔵(44才)。それ故、トラブルに巻き込まれたことも一度や二度ではない。そんな海老蔵が変わろうとしている。その陰にあったのは、自身の「團十郎襲名」より大事な、愛息と歌舞伎の将来──。 歌舞伎の演目中に披露される「にらみ」は、代々の市川團十郎と、市川宗家(成田屋)につらなる役者のみが舞台上で行うことを許される特別なものだ。「團十郎ににらまれると、一年間無病息災で過ごせる」 そう伝わっており、歌舞伎界だけでなく日本社会における、團十郎という存在の大きさを物語っている。5月22日、市川海老蔵がその「にらみ」を披露した。関東を一望する東京スカイツリーの頂上部──地上634mでの「天空のにらみ」だった。「開業10周年を迎えた東京スカイツリーの記念式典でした。高さ450mにある展望回廊まではエレベーターで行けますが、『にらみ』を披露した頂上部までは、階段や梯子を登るしかありません。しかも、ひたすら登って1時間近くかかる長い道のりだそうです。かつての海老蔵さんであれば、そんな“手間のかかる仕事”にはあまり前向きではなかったでしょう。年末の襲名披露を控え、気持ちを新たにしたのではないでしょうか」(歌舞伎関係者) その9日後の5月31日、「十三代目市川團十郎白猿」の襲名披露公演が、今年11~12月の2か月にわたって行われることが発表された。海老蔵の父、十二代目團十郎さん(享年66)が2013年2月に亡くなってから約10年ぶりに、歌舞伎界の大名跡が復活を遂げる。 当初の予定では、襲名披露公演は2020年5月から3か月かけて行われる予定だった。しかし、コロナ禍で歌舞伎公演は軒並み中止になり、襲名披露も無期限延期となった。「実は今春の段階で、年末に行われる方向で調整が進められていました。ただ、いまは落ち着いているコロナの新規感染者数が、年末にどうなっているか不透明で、公演を主催する松竹は発表に二の足を踏んでいました。事が進んだ背景には、歌舞伎役者の尾上菊五郎さん(79才)が4月に“今年中には團十郎が誕生しそう”とフライング発言をしたことがありました」(別の歌舞伎関係者) 延期期間中、海老蔵は芸事のみに集中していたわけではない。『女性セブン』は今年3月、海老蔵の奔放なプライベートを複数回にわたってスクープした。SNSでナンパした女性との交際や、亡き妻・麻央さん(享年34)との思い出が詰まった邸宅での女性との密会もあった。同時に、麻央さんの姉・麻耶(42才)からの批判が向けられた。「プライベートばかりが話題になる海老蔵さんに対して、やっかみも含めてですが、歌舞伎界の重鎮や贔屓筋は少なからず眉を顰めていました。一方で、歌舞伎座の舞台にはこの2年半で2度しか立たず、『プペル歌舞伎』などの自主公演にばかり熱を入れる姿勢にも疑問の声が上がっていました。 数少ない歌舞伎座での公演だった『團菊祭五月大歌舞伎』で、有名な演目である『暫』を演じましたが、関係者からは、“発声がよくない”という厳しい意見も聞かれました。歌舞伎座の舞台にほかの役者と一緒に出ていれば、アドバイスや意見をもらうこともあったでしょうが、その機会が限られていたことが、マイナスに出てしまったかもしれません」(前出・別の歌舞伎関係者)新機軸が新規ファンを掘り起こした 團十郎襲名を半年後に控えて不安は募る一方、前出の歌舞伎関係者は「少しずつ変化が見られる」と明かす。「女性関係を報じられたことがこたえたのか、SNSなどから距離を置き始めました。毎晩のように数時間かけて生配信を行っていた、動画に特化したSNS『TikTok』には、報道以降、一切触れてもいません。さらに、本人や家族のプライベートの様子を公開していた自身のYouTubeチャンネルの数百本の動画も、ほとんどを非公開にしました」(前出・歌舞伎関係者) 変化の理由は、長男・勸玄くん(9才)が、海老蔵と同時に「八代目市川新之助」を襲名することにある。「團十郎」という大名跡は、「海老蔵」の次に襲名する名前だ。その伝統は、初代團十郎から連綿と続く。加えて、十二代目からはまず「新之助」を名乗り、その後、「海老蔵」「團十郎」と襲名している。いうなれば、「新之助」として技術を磨き実績を積むことが、将来「大名跡・團十郎」を名乗る上で重要な要素なのだ。それは、今後の歌舞伎界を担っていく勸玄くんにとっても同様で、新之助襲名は、絶対に失敗できないポイントだ。「常々、海老蔵さんは“勸玄の襲名だけは絶対に成功させたい。そのためなら、自分は團十郎にならなくてもいいくらいだ”と話していました。それだけ、海老蔵さんの視線は歌舞伎界と成田屋の将来に向けられています。 さらに言えば、周囲からの勸玄くんへの期待値も高い。演技のセンスもよく才能豊かな上、演じることを楽しんでいて、稽古にも熱心に取り組んでいます。将来は海老蔵さん以上の“歌舞伎界のプリンス”になる、梨園の希望と言っていい存在です。新之助襲名は、その道程の第一歩なのです」(海老蔵の知人) 海老蔵自身も、その大きな可能性をひしひしと感じている。だからこそ、将来の團十郎である勸玄くんを後押ししようとする思いが強いという。「延期前、襲名披露公演は3か月間の予定でした。それが、この年末は2か月に短縮されています。来年の春先ならば、変わらず3か月間の公演を行えた。年内にこだわったのは、海老蔵さんの“早く襲名させてあげたい”という意向が強かったようです。 というのも、延期されていた2年半は、まだ幼い勸玄くんにとってはかなりの期間です。小学2年生が4年生になるということは、体にも心にも大きな変化がある。役者の年齢にあった演目や役柄も当然あります。もともと、勸玄くんは襲名披露公演で『外郎売』を披露する予定でしたが、変更されることが決まっています」(前出・歌舞伎関係者) 海老蔵が更新するブログには、長女・市川ぼたん(10才)や勸玄くんの姿が頻繁に登場する。子供たちの人となりを発信しようとする、海老蔵なりの親心なのかもしれない。「今後新之助となり、その先も期待を背負って歌舞伎役者として活動していく勸玄くんにとって、素顔を見せることは新たなファン獲得につながるかもしれません。 これまでに海老蔵さんが打ち出してきた新機軸は、伝統的な歌舞伎関係者からは反発されることもありましたが、一方で新規ファンの掘り起こしにも貢献しています。実際、『團菊祭~』には、高校生の団体の姿もありました。そういった若いお客さんのいちばんの目当ては、やっぱり海老蔵さんです。そして、将来の“新之助ファン”でもあるのです」(前出・歌舞伎関係者) 海老蔵の逆襲が始まろうとしている。※女性セブン2022年6月23日号
2022.06.10 10:25
海老蔵の白猿襲名は勸玄くんのためか
市川海老蔵「團十郎白猿」襲名の影に愛息子・勸玄君への親心
 歌舞伎俳優の市川海老蔵(44)が今年11月と12月に「十三代目市川團十郎白猿」の襲名興行を行なうことが発表された。「市川團十郎」は歌舞伎界トップの大名跡だが、2013年に海老蔵の父である十二代目が亡くなった後、9年9か月もの間、空位となっていた。 2020年の東京オリンピックに合わせ、同年5月から7月の3か月にわたって開催される予定だったこの襲名興行だが、コロナ禍の影響により延期が続き、ファンがやきもきする中、ようやく今年の開催が発表されたのだ。ベテラン演芸記者はこう話す。「ただ、当初は、3か月に渡る3部公演が決定していた中で、スケジュールの関係で11月、12月の2か月という期間になり、昼夜の2部公演に変更となった。スケールダウンは否めません。来年の春まで待てば、当初の予定通り3か月に渡る襲名披露ができたと言いますが、海老蔵さん周辺は2か月と期間の縮小をしても年内の開催を希望したそうです」 その背景には海老蔵の愛息の存在があったという。「襲名公演では、合わせて息子の堀越勸玄君(9)も海老蔵さんの前名である『八代目市川新之助』を襲名し、歌舞伎俳優としての初舞台を踏みます。コロナ禍の中で、海老蔵さんは、何度も『自分はもう團十郎を襲名できなくてもいい。だけど、勸玄だけは、新之助を襲名させてやりたい』と話していました」(同前) 勸玄君が「新之助」の名を継ぐことには大きな意味がある。過去に「團十郎」の名を襲名した歌舞伎役者は皆はじめに「新之助」の名を継いでおり、十二代目市川團十郎も海老蔵も「新之助」を襲名した後、「海老蔵」、「團十郎」の名を継ぐ流れとなっている。勸玄君を“将来の團十郎”にするためには、今「新之助」の名を継がせられるかどうかが非常に重要な分岐点となるのだ。「さらに勸玄君は幼いが故に、成長も早い。6歳の時に決めた演目を、成長した彼にやらせるわけにはいかないし、かといって日程が決定しなければ、新しい演目の稽古をつけるわけにもいかない。だから早めの開催を決めたのでしょう。 事実、海老蔵さんは、襲名が発表されたその夜のインスタライブで真っ先に『襲名披露公演では勸玄に、もともと決まっていた(演目の)“外郎売”はやらせない。“外郎売”は6歳の時の演目だから』と話しています。 情報がまだ極秘となっていた今年4月、尾上菊五郎さんが『團菊祭』の記者会見で、『年内には新しい團十郎が誕生する』とポロリとこぼしたのも、その海老蔵さんの“親心”に打たれ、『俺は応援しているからな』と彼なりのエールを送ったのではないでしょうか」(同前) 襲名公演が行なわれる歌舞伎座では、これまで感染防止のために団体客の受け入れはストップしていたものの、5月からは受け入れを再開。それにより、客層も変わってきているという。「最近では海老蔵さんの公演で、今まで見かけなかったような高校生の団体などの若い層や、子連れの夫婦なども見るようになりました。海老蔵さんのSNS活動や自主公演は、確実に新しい層の掘り起こしに繋がっている。 昔から『歌舞伎は襲名で儲ける』という言葉があるように、祝事である襲名披露では、座敷の値段もご祝儀値段となり、ファンも押しかけます。海老蔵ほどの人気者が、歌舞伎界トップの大名跡・團十郎を襲名するとなれば、チケットは飛ぶように売れることは明白です。松竹は8月には座席規制を撤廃し、全席販売することも発表しており、どのくらい人が集まるのか見物ですね」(同前) コロナ禍の中で厳しい状況が続いていた歌舞伎界に、久々の明るいビッグニュースだ。
2022.06.03 14:28
【動画】市川海老蔵、小林麻耶との関係修復は切り捨てた? 事態悪化
【動画】市川海老蔵、小林麻耶との関係修復は切り捨てた? 事態悪化
 小林麻耶さんによる暴露について『週刊文春』のインタビューで釈明した市川海老蔵さん。すると、記事を受けて小林さんがブログで反論。2人の関係は悪化の一途をたどっています。 その一方で、ネット上では“海老蔵擁護派”が増えたようです。 メディア関係者は「麻耶さんとの関係修復を切り捨てて、擁護派を増やすことが目的だったのかもしれませんね。もはや断絶を覚悟していたと見ることもできます」と分析しています。
2022.04.28 22:06
【動画】市川海老蔵、歌舞伎界の「女遊びは芸の肥やし」に意外な持論
【動画】市川海老蔵、歌舞伎界の「女遊びは芸の肥やし」に意外な持論
 多重交際などについて、週刊文春のインタビューに答えた市川海老蔵さん。 “女遊びは芸の肥やし”ともいわれる歌舞伎の世界ですが、自身の多重交際については「芸の肥やしとは思っていません」と、きっぱりと否定していました。 以前、ファンから同じ質問を受けた際には「江戸時代は、遊郭に情報が集まっており、花魁などと会ったり遊ぶことで情報を得ることができたことから、いつの間にか“女遊びが芸の肥やし”に変換された」と説明したうえで、「今流の当世流に置き換えれば、私はSNSが実は肥やしとなる。それを芸の肥やしにするのは本人次第」と回答していたそうです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.04.27 00:01
小林麻耶
小林麻耶 実母や関係者も次々批判で「夫・國光吟氏とファン以外はみんな敵」状態か
 義弟の歌舞伎役者・市川海老蔵への批判を続けてきた小林麻耶。ここにきて海老蔵以外の関係者への批判も目立ち始めている。最大の標的となっているのが小林の実母だ。海老蔵批判を初めて以降、母からの連絡が途絶えたことから、「母は海老蔵に洗脳された」と主張する小林。当初は海老蔵との関係についての指摘にとどまっていたが、4月21日のブログでは、母に対するより直接的なメッセージを連続投稿した。〈母は、愛がないんです。愛無しです。昔から、母に言われていました。麻耶の事、よくわからないと。意味不明な事で、母にあたられる事もありました。傷つく言葉も言われました。無視もされました。母に愛されたいと一生懸命頑張りましたが結局、愛されませんでした〉〈ぶりっ子も 海老蔵好きも 子供達の母親面しているのも 妻面しているのも 全部、母です。母の念が、私にくっついて、私がそう見えていただけです〉 批判の矛先は、仕事関係者にも向いている。4月19日のブログでは、2021年12月にファッション分野で「年間500万円契約の仕事」の話が持ち込まれたが、夫・國光吟氏との関係が問題になったことをこう書いた。〈話がまとまりかけた時、あきらさんと結婚していると麻耶さんまで怪しいと思われてしまうから、離婚した方が良い、と言われた。2021年4月には離婚をしていたが、私は憧れだったその仕事から、自ら気持ちよく降りる事にした。愛が無い人とはもう二度と仕事をしたくない〉〈後にその方は何かの腹いせなのか別のタレントさんと年間1億円で契約したと連絡してきた!! 悲惨な扱われ方に涙が止まらなかった。しばらく泣いた後、この人と仕事をしなくて本当に良かったと心底思った〉 小林のこうした姿勢に、ベテラン芸能ライターはこう懸念を示す。「麻耶さんの海老蔵さんに対する批判は、行き過ぎた部分はあったにせよ、亡き妹を思うがゆえの言葉に多くの共感が集まり、海老蔵さんも謝罪することになりました。しかし、母親や他の関係者に対する批判については、海老蔵さんの時のような賛同が得られているとは言い難く、このままでは麻耶さんがどんどん孤立していってしまうのではないか、という懸念があります。 一方で麻耶さんは、夫への愛情や、支えてくれるファンの方々へのスピリチュアルなメッセージや感謝の気持ちを繰り返しブログに綴っています。夫とファンへの信頼が深まった分、そのことを理解してくれない人々については敵対視してしまう状態なのかもしれません」 海老蔵は 週刊文春のインタビューで、小林や夫の國光氏らに謝罪したことや、6時間以上にわたって夜を徹して話し合いをしたことを明かしていた。それだけ話しても、小林の怒りは収まらず、いまに至る。 小林の周囲への批判は、いつまで続くのだろうか──。
2022.05.10 14:23
ブログを更新し続ける小林麻耶と、静観する市川海老蔵
市川海老蔵、小林麻耶との関係修復は切り捨てた?「釈明インタビュー」で事態は悪化
 なかなか落とし所が見つからない、フリーアナウンサー・小林麻耶(42才)による市川海老蔵(44才)への批判。海老蔵は『週刊文春』2022年4月28日号で騒動について告白したが、麻耶は激怒したままだ。 海老蔵は同誌のインタビューで、麻耶によるいくつかの暴露について釈明。暴露の発端となったとされる昨年10月の『おかえり、』というブログについて、麻耶にLINEで謝罪し、さらに海老蔵と麻耶、夫・國光吟氏(38才)、國光氏の知人の4人で話し合いをしたことを明かした。「当初麻耶さんは、海老蔵さんが麻耶さんの離婚をほのめかした『おかえり、』ブログについて謝罪すれば許すと話していましたが、麻耶さんの思うような形の謝罪でなかったということで、事態は収まらなかった。むしろ、麻耶さんの海老蔵さんに対する怒りは、どんどん増幅しているかのようにも見えますし、今回の釈明でさらに事態は悪化。海老蔵さんも、自分がインタビューを受けることで火に油を注ぐことになりかねないのは十分理解していたはずです」(芸能記者・以下同) 麻耶は海老蔵のインタビュー記事を受けて、ブログで反論を展開。4月21日には『謝罪はしてもらっていません。』とのタイトルで投稿。〈腑が煮えくりかえる〉〈あの日は海老蔵さんや家族のためにお話をした。謝罪の日でない〉などと、海老蔵の告白を否定している。「年内には十三代目市川團十郎白猿を襲名する予定で、どうにかして早く騒動を鎮火させないと襲名に間に合わないという焦りがあったのかもしれない。海老蔵さんの告白に曖昧な部分が多いのも、そういった事情からなのでは」海老蔵は断絶を覚悟していたのか その一方で、麻耶に対して“優位な立場”を作るためのインタビューだったとの見方もある。「麻耶さんによるYouTubeやブログでの批判は、具体性もあって、海老蔵さんもインタビューで認めている部分もあります。つまり、それなりに信ぴょう性があるものだと考えられるのですが、麻耶さんからの一方的な発信となっているため、そのまま受け取りにくいのは事実です。 それに対して、海老蔵さんは『週刊文春』という第三者の取材を受けており、それだけでも麻耶さんよりも信ぴょう性が高くなるといえる。実際に、海老蔵さんのインタビュー記事が出たことで、ネット上では“海老蔵擁護派”が増えている印象があります。海老蔵さんがこういった状況を狙っていた可能性はあるでしょう」(メディア関係者) 海老蔵擁護派が増えていることに、麻耶もブログで反応している。4月21日に『ヤフコメ民』というタイトルで投稿し、〈ここぞとばかりに擁護〉〈お金いくらもらえるんだろう〉〈愛無しの行動に呆れます。仕方ない。愛無しが多いから〉などと綴っている。「麻耶さんとの関係修復は難しくても、擁護派を増やせたという点で、海老蔵さんのインタビューはある意味成功だったと言える。むしろ、麻耶さんとの関係修復を切り捨てて、擁護派を増やすことが目的だったのかもしれませんね。麻耶さんや國光さんとの会合についても、2人の同意なくその内容を海老蔵さんがインタビューで明かした形であり、もはや断絶を覚悟していたと見ることもできます」(前出・メディア関係者) 海老蔵としては今回のインタビューを一旦の区切りとして、このまま事態がフェードアウトしていくことを望んでいるのかもしれないが、怒りが収まらない麻耶がこのまま引き下がるとも思えない。まだまだ泥沼は続きそうだ。
2022.05.10 14:24

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン