• TOP
  • 芸能
  • 常盤貴子も登場、大林宣彦監督を囲む尾道作品キャスト達

芸能

2019.11.12 16:00  NEWSポストセブン

常盤貴子も登場、大林宣彦監督を囲む尾道作品キャスト達

常盤貴子や大林宣彦監督らが顔を揃えた

 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』の舞台挨拶に出演者の常盤貴子、山崎紘菜、厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田玲、そして大林宣彦監督が登場した。

 広島・尾道で一館だけ残った映画館の閉館日に3人の青年が訪れるところから始まるこの作品。『日本の戦争映画大特集』のオールナイト上映の時に、3人の青年たちが映画の世界にタイムリープする──。

 今作は、大林監督の故郷・尾道で20年ぶりに撮影された。これまでに大林監督は、『転校生』(1982年)、『時をかける少女』(1983年)、『さびしんぼう』(1985年)の3作を尾道で撮影しており、“尾道三部作”と称されている。

 なお、この日は大林監督に「第32回東京国際映画祭 特別功労賞」が授与された。

撮影/平野哲郎

戦争を題材にした同作では重要な役どころを演じる常盤貴子

がん闘病中でもメガホンを握り続ける大林監督も映画への思いを語った

常盤貴子、山崎紘菜、厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田玲らが出演するのが映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』

関連記事

トピックス