ライフ

涙の専門家“なみだ先生”がオススメする「泣ける絵本」3選

“泣ける絵本”おすすめの3冊を紹介(写真/アフロ)

 ストレスをため込み、人前で涙を見せるのが恥ずかしい現代人は、素直に泣けない場合が多い。しかし、人は涙を流すと、戦闘モードである交感神経からリラックスモードの副交感神経にスイッチが切り替わるという。

 積極的に涙を流すことで健康になる「涙活」を普及すべく、上手に泣くコツを伝授する“なみだ先生”こと感涙療法士の吉田英史さんは、ストレス解消には週1回泣くことが効果的だと伝える。

 週1で泣くには、泣くポイントが必要ということで「泣ける絵本」をご紹介!

◆子育て経験者なら胸に刺さる少年の願いごと

 いつも誤解されて怒られてばかりの少年が、七夕の短冊に託した切ないお願い。泣ける絵本として人気で、韓国、中国、台湾でも翻訳出版。

『おこだでませんように』作・くすのきしげのり 絵・石井聖岳/小学館1500円

◆天国のおばあちゃんに届けたい手紙

 大地震で大好きなおばあちゃんと愛犬を亡くした少年が、天国に届くと書かれたポストを発見。半信半疑で手紙を書き送ると…。

『ぼくの天国ポスト』原案・寺井広樹 作・志茂田景樹 絵・福田岩緒/絵本塾出版1300円

◆一生懸命なママを描く心温まる物語

 泣きたくなるほど忙しいママのところへ、涙の理由を教えてくれるロボットがやって来た。俳優・唐橋充がイラストレーターのミシェル・カーラーとして手掛けた初の絵本。

『ナミダロイド』作・寺井広樹 絵・ミシエル・カーラー/辰巳出版1200円

※女性セブン2019年11月21日号

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン