ライフ

降圧剤を服用した後に「肺炎」「肝炎」で突然死する例も

薬を飲んで命が…?

 歳を重ねるごとに、飲む薬の量が増えていく。「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」などの生活習慣病の治療のためには、長期間薬を飲み続けなければならないケースがほとんどだからだ。裏を返せば、それだけ「副作用」のリスクが増えることを意味する。「薬を飲んだ後の死亡事例」が多数報告されている──。

◆副作用が増える

 高血圧の治療のために降圧剤「オルメテック」を服用していた50代の男性が服用開始の37日後に「劇症肝炎」を発症。医師は投与を中止したものの、その後、帰らぬ人となってしまった──。

 一般的に、高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病の治療に用いられる薬は、重篤な副作用は起こりにくいとされている。だが、専門家は“落とし穴”があると警鐘を鳴らす。ナビタスクリニック川崎の内科医・谷本哲也医師がこう話す。

「薬に『副作用ゼロ』はありえません。仮に飲み始めに副作用が出なかったとしても、体調の変化によって薬の効き方が変わってきた際に副作用が現われることがある。

 また、他の病気が重なって飲み続ける薬の種類が増えることで、体に思わぬ影響が出るケースもあるのです」

 薬による副作用が疑われる症例に関する情報は、厚労省が所管するPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)のホームページで公開されている。冒頭で紹介した事例は、そのひとつだ。

 今回、高血圧、高脂血症、糖尿病の治療薬のなかで、60歳以上の処方量上位(厚労省「第4回NBDオープンデータ 内服薬 外来(院外)」)の薬の死亡例を調査した。表は、専門家の協力のもと、PMDAが公表する副作用による死亡の疑いがあるケースを抽出して掲載したものだ。降圧剤で6種類11事例、高脂血症治療薬で3種9事例、糖尿病治療薬で9種24事例ある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン