ライフ

芥川賞作家・村田沙耶香が「当たり前」を揺さぶる短篇集

『生命式』を上梓した村田沙耶香さん(撮影/浅野剛)

【著者に聞け】村田沙耶香さん/『生命式』/河出書房新社/1650円

【本の内容】
 2009年以降、村田さんがこれまで様々な媒体で綴ってきた短篇を12編収録している。1編目の表題作「生命式」は、会社の会議室でご飯を食べる女性たちが、総務にいた中尾さんが亡くなったと話すシーンから始まる。〈今夜、式をやるからなるべく皆に来てほしいって〉とお通夜のことを話す彼女たちだが、ページをめくるや〈「中尾さん、美味しいかなあ」/「ちょっと固そうじゃない? 細いし、筋肉質だし」〉などの会話が──。ま、まさか!? 私たちが疑ってこなかった「当たり前」に、真っ向から挑んだ短編集。

 少子化が急激に進んだ、今から30年ほど先の日本。そこでは葬式のかわりに「生命式」という式が主流になっており、死んだ人の肉をおいしく料理して食べながら、男女が相手を探し、受精を行うことが奨励されている。

 表題作の「生命式」は、普通においしそうに「山本のカシューナッツ炒め」や「肉団子のみぞれ鍋」といった料理が描かれるので、何の嫌悪感もなく読み進められて逆に当惑してしまう。私たちが常識と考えてきたものの確かさが、静かに揺さぶられるのだ。

「誰かを驚かせようと思ったことはなくて、もっと素朴に、自分自身が発見したいんですよね。子供のときから『本当の本当』という言葉が好きで、みんなが『本当』だというその奥に、『本当の本当』があるんじゃないかと考え続けていました。初めて小説を書いたとき、小説が自分の手に負えないものになってどんどんその先に連れて行かれる感じがあったんですけど、今も書きながら知るというところがあります」

 セックスであったり、食事であったり、人間は何かを好み、逆に何かを嫌って忌避してきた。本能や倫理と呼んで線を引いてきたその境界がいかにあやふやなものかを、本書に収められた12の短篇はあぶり出す。

「私自身は、夜、全然車がいなくても信号が青になるのを待つような人間なんですが、平凡な感覚があるからこそ疑うことができるんだと思います。

 小説のテーマって深化するものだと思っていて、今回、本に収める短篇を読み直してみると、テーマが深化し、変化しながら、生き物みたいにずっと作品の底を泳いでいる感じがしました」

 芥川賞を受賞した「コンビニ人間」は、世界30か国で翻訳され、海外の読者に接したり、感想を聞いたりする機会も増えた。 

「コンビニがあるアジアの国と、日本のコンビニみたいなものがない欧米では、受け止め方も全然違いますね。

 韓国や台湾の人からは『わかる』って感想をもらいますし、アメリカではそれほど時給が高くないのに一生懸命働くのが『めちゃくちゃジャパニーズ!』と思う人もいるみたいです(笑い)」

■取材・構成/佐久間文子

※女性セブン2019年12月19日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン