• TOP
  • ライフ
  • 「ダブって買っちゃった…」を防ぐ冷蔵庫片付け5つのルール

ライフ

2019.12.10 16:00  女性セブン

「ダブって買っちゃった…」を防ぐ冷蔵庫片付け5つのルール

使いかけの乾物などは、ダブルクリップで扉にとめる

 いつも以上に食材が増える年末年始をスムーズに乗り切るためには、冷蔵庫内の状態が超重要。「あ、これ忘れていた!」「ダブって買っちゃった!」を防ぐ冷蔵庫片付けルールを紹介しよう。

【教えてくれたのは】
料理研究家・冷蔵庫収納アドバイザー・島本美由紀さん●テレビの料理番組や冷蔵庫片付け特集で、引っ張りだこ。著書に『ひと目でわかる!冷蔵庫で保存・作りおき事典』(講談社の実用BOOK)ほか多数。

◆ルール1:正しい場所で長持ち

 間違えやすい収納場所を改めて確認。削り節などの小袋は、両端を斜め内側に折ってから2~3折りして扉のポケットにとめておくと香りも長持ち。

◆ルール2: 野菜室はL字に空けておけば大型野菜も丸っと入る

 大根や白菜などは、カットしていないほうが傷みにくい。カゴで仕切り、L字形に空けておけば、大きな野菜も丸ごと入る。

◆ルール3:大まかに用途ごとにトレイ分け
 用途ごとに浅めのトレイにまとめておけば、一度に取り出せて、使いたいものが迷子にならない! 見えにくい上めの段でOK。

◆ルール4:保存容器は「見える」がマスト
 ゆでた野菜や作り置きおかずは、中身が見えない容器に入れると、忘れてしまいがち。透明な保存容器に替え、ひと目で中身や残量が分かるようにするのが鉄則。

◆ルール5:野菜室上段トレイには使いかけ野菜コーナーを
 奥底に埋もれて、見失わないように、使いかけの野菜はカゴにまとめて上段トレイへ。トマトやオクラなど、つぶれやすいものもここが正解。

※女性セブン2019年12月19日号

関連記事

トピックス