ライフ

大人の読解力検定 部下からメール、その真意はどこにあるか

読解力に難を抱える大人も実は多い

 ツールがいかに進化しようとも「読解力」がなければコミュニケーションはうまくいかない。「大人力」について日夜研究を続けるコラムニストの石原壮一郎氏がガイドする。

 * * *
〈日本の子どもの「読解力」が8位から15位に急落!〉

 12月3日に、そんなニュースが流れました。世界各国の15歳の学力を測る「国際学力調査」(PISA)の「読解力」の分野で、日本の子どもの順位が前回の8位から15位に大きく下がったというものです。この調査は経済協力開発機構が、世界各国の15歳の学力を測るために3年ごとに実施しているもの。今回は世界79の国と地域が参加しました。

 ちなみに他の分野での日本の子どもの成績は、「科学的応用力」が5位(前回2位)、「数学的応用力」が6位(前回5位)と、なかなか健闘しています。上位3カ国の顔ぶれと順位は3分野すべて同じで、1位「北京・上海・江蘇・浙江」、2位「シンガポール」、3位「マカオ」でした。

 この結果をどう受け止めればいいのか、深刻なのかそうでもないのかなどについては、いろんな意見があるでしょう。それこそ読解力がなさそうなタイプの大人は、脊髄反射で「近ごろの子どもは本を読まないからだ!」「インターネットやスマホがいけないんだ!」などと言いそうですけど、きっとそういう問題ではありません。

 子どもの「読解力」も大事ですが、今の日本でもっと深刻なのが、大人の読解力の低下です。ネットのコメント欄やSNSには、勝手に読み間違えて怒っている人や、そこに書いてあることを得意気に説明したり尋ねたりしている人の多いこと多いこと。懇切丁寧に説明しているのに、まったく通じていない光景もよく目にします。

 とくにネットの世界に顕著ですけど、世の中が殺伐とした雰囲気になっているのは、読解力のない大人があまりにも多いからではないでしょうか。しかも本人には自覚がないので、恥ずかしげもなく的外れな理屈で他人を攻撃したりします。

 そんな状況に一石を投じるべく、僭越ながら「大人の読解力検定」を作ってみました。じつは自分は読解力がなかったんだと気付くもよし、どうやら大丈夫らしいとホッとするもよし。よかったらチャレンジしてみてください。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン