スポーツ

26年ぶり箱根駅伝出場の筑波大 奇跡起こした監督のメソッド

筑波大学を26年ぶりの箱根駅伝出場に導いた弘山勉監督

 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走、通称「箱根駅伝」(2020年1月2、3日)まで残すところあと9日。今年は唯一、国立大学が出場を決めている。10月26日に開催された予選会において6位に入った筑波大学(茨城県つくば市)だ。1994年以来、26年ぶりに本大会に返り咲いた。

 そもそも筑波大は、 第1回箱根駅伝で優勝した東京高等師範学校の流れをくむ超伝統校。また、NHK大河ドラマ『いだてん』の主人公、金栗四三の母校でもある。つまり、第1回大会からちょうど100年の節目となる大会で、初代のチャンピオンが帰ってくるのだ。

 筑波大は箱根の常連校で61回の出場を誇っていたが、国立大のため、私立大に比べると、駅伝強豪校から選手を思うように集められない現実があった。大学からの強化予算もゼロのため、70回大会を最後に、本大会出場は果たされていなかった。それが──予選会にて、6位というまさかの好成績。

◆筑波大出身の元選手が監督就任、クラウドファンディングで資金調達

 今回の奇跡のウラ側には、たくさんのドラマがつまっていた。箇条書きにするとこうなる。

・合宿費などにあてる強化資金を、クラウドファンディングで集める
・予選会3か月前にチームが新体制に! 主将、副主将が一新の驚き 
・9月には、金栗四三の故郷・熊本県玉名で合宿、四三の墓前で“復活”を誓う

 ・・・・・ 中でも人間ドラマを演出したのが、2015年から監督を務める弘山 勉(ひろやま・つとむ)さんだ。  12月11日の会見では、「選手たちの達成感はハンパではない。充実した気持ちを持ち続けられれば、いいパフォーマンスを発揮できる」と自信をうかがわせるコメントをしてくれた。目標は、シード権獲得の10位以内だ。

 監督自身が筑波大学のOBで、2年生の時は花の2区を走り、4年生の時は主将としてチームを牽引。4年間、連続出場した。資生堂入社後は指導者不在の中、独自に科学的トレーニングを学び、別府大分毎日マラソンや福岡国際マラソンで結果を出した“理系の選手”。現在は筑波の監督を務めながら、パートナーの晴美さん(弘山さんが育成しアトランタ、シドニー、アテネのオリンピック三大会や世界陸上に出場)とともに、一般ランナーにも指導をおこなっている。

箱根駅伝出場に沸く筑波大学はシード権獲得を目指す

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
にこやかな表情を見せる清宮幸太郎
両親の迎えで笑顔になった日ハム・清宮幸太郎 ファンのサインに応じる“神対応”現場
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン