国内

池袋暴走死傷事故 飯塚幸三元院長の2本の杖なき今の姿

退院後、目白所で任意の事情聴取を受けた元院長(時事通信フォト)

「迷惑です。」大きな赤字でそう書かれた紙が入り口に貼られていたのは、池袋暴走死傷事故を起こした旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(88)の自宅マンションだ。管理会社・管理組合の署名で取材を禁じる貼り紙を記者が確認していると、ガラス越しに、あの元院長が現われた──。

 2019年4月、飯塚元院長が運転する乗用車が暴走し、松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡、9人が重軽傷を負った。飯塚元院長は当初から「ブレーキを踏んだが利かなかった」と説明。5月に退院した際には、サングラスにマスク姿で両手に杖を持つ姿が報じられ、任意のまま捜査が進められた。

 数々の要職を歴任した「上級国民」だから逮捕されない──。そんな批判が止まないなか、事故から7か月が過ぎた11月12日、警視庁は飯塚元院長を自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで書類送検。起訴を求める「厳重処分」の意見もつけたという。

「過失運転致死傷罪の罰則は7年以下の懲役などと定められていますが、飯塚元院長は高齢で、仮に有罪判決が出たとしても服役には耐えられないと判断される可能性があります」(警視庁担当記者)

 12月中旬、記者が飯塚元院長の自宅マンションを訪ねると、ちょうど中から出ようとしている飯塚元院長を確認できた。

 この日は、2本の杖ではなく、4輪のシルバーカート(高齢者向けの手押し車)を両手で押しながら、体を支えるように歩いていた。カートには1本の杖も立てかけられていた。

 ところが、入り口の外にいる記者の姿に気づいた飯塚元院長は踵を返し、おぼつかない足取りでゆっくりと時間をかけてマンションの奥のほうへと姿を消していった。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

新CMの発表会に登壇したデヴィ夫人
【過去には金銭トラブルも】デヴィ夫人 「新CM会見」常識破りの「猫耳大サービス」
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン