• TOP
  • ライフ
  • 日の丸の歴史 敗戦国なのに国旗変更がなかったレアな例

ライフ

2020.01.08 16:00  週刊ポスト

日の丸の歴史 敗戦国なのに国旗変更がなかったレアな例

天皇陛下や皇太子が乗る「お召し列車」にも日の丸が(時事通信フォト)

 日常にあふれる日本の国旗「日の丸」は、いつ頃、どんな経緯で形作られ、今に受け継がれているのか。世界の国旗・国歌研究協会代表の吹浦忠正氏に、太陽の恵みに支えられたニッポンの日の丸について聞いた。

 * * *
 もともと日本人にとって太陽は特別な存在でした。農耕社会の日本は、古来、太陽の恵みに支えられていたからです。高松塚古墳(奈良県明日香村)からは藤原京の時代(694~710年)の壁画が発見されており、そこには日の丸と思しき太陽の意匠が確認されています。

 やがて武士たちが軍扇や旗のデザインに日の丸を採用するようになりますが、正式な国旗として定められたのは幕末のこと。開国した際に、国際社会に認められるために国旗が必要だったからです。

 しかし、1999年に「国旗及び国歌に関する法律」が施行されるまで、日の丸の明確な基準がありませんでした。この法律によって、日の丸の国旗は縦横比が3:2、円の中心は対角線の交点に一致、円の大きさは縦の5分の3、と定められたのです。

 実は、敗戦国にもかかわらず国旗が変更されなかったのは、日本がほとんど唯一の例。私は、国旗を知ることは国際理解の第一歩という視点で普及活動をしています。変な偏見をもたず、他国を排除しない健全なナショナリズムの象徴として日の丸を見てもらえたらと願っています。

即位パレードに臨まれる天皇皇后両陛下(写真/共同通信社)

日の丸が掲げられた渋谷の道玄坂交差点周辺(時事通信フォト)

令和最初の一般参賀(撮影/横田紋子)

18年W杯日本戦終了後の渋谷スクランブル交差点(写真/Reuters/AFLO)

ラグビーW杯スコットランド戦試合前、国家を歌う選手たち(時事通信フォト)

エンゼルス・大谷とマリナーズ・菊池の対決を前に、日の丸を掲げるファン(写真/共同通信社)

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

関連記事

トピックス