ライフ

認知症の母をコンサートへ 誘うのは当日、事前だと連夜の電話

認知症への向き合い方とは

 父親が亡くなり認知症の母親(85才)を支えているN記者(55才・女性)。意思疎通が不確かになることの大変さと、認知症という正解のない難問への向き合い方についてレポートする。

 * * *
 今から10年ほど前、母に認知症らしき兆候が表れた時は、驚きよりも「あぁ、ついに来たか」という感じだった。というのも母方の祖母や伯母たちが、70代後半になると順を追って認知症になったからだ。直前のことを忘れ、同じ話を繰り返す症状も、なんとなく見て知っていた。

 ちょうど世間でも認知症への関心が高まり、取材という形で勉強する機会も増えた。何も知らず、いきなり老親の不可解な行動に腰を抜かす人に比べれば、私はかなり恵まれていたのだ。

 ところがやはりそう簡単ではなかった。父の急死直後、物盗られ妄想にとらわれた母は、恐ろしい鬼の形相になり、口汚い言葉で私をなじった。これは認知症の典型症状で、信頼する人を攻撃しやすいこともよく承知していたのだが、あっけなく心は折れた。

 認知症対応のマニュアル本には「逆らうな」とあったが、まったく無理だった。母が何か言うたび、「落ち着け、落ち着け」と唱える自分を、「ママしっかりしてよ!」と怒る自分が押し倒して、母に立ち向かってしまうのだ。

 それでも当時は、怒り狂う自分の方が正解だと思っていた。自分に嘘がないからだ。「病気でおかしくなっているのに、私が嘘をついたら母を見捨てることになる」と。

 連載2回目(2017年7月)に和光病院院長の今井幸充さんへ取材をした時、そんな心情を話すと、「認知症の人を慮る対応は“嘘”ではないよ。ましてや見捨てることではない。どんな形でも親子の絆は変わらないよ」と言ってくださった。ありがたくもうれしかったが、実はその時点でもまだ、少しモヤモヤしていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

女性宮家が創設され、結婚すると「圭殿下」となる可能性も(2017年9月、東京・港区=撮影/JMPA)
小室圭さん帰国で眞子さまと結婚進展へ、注目される「懐事情」は
NEWSポストセブン
ベテラン政治家がガチンコ評定(時事通信フォト)
自民党OB17人「私が総裁に推す人物」調査、1位は河野太郎氏
週刊ポスト
海の向こうではふたりに好意的なまなざしも(時事通信フォト)
眞子さまの一途な愛、若い世代は肯定的 「プリンセスの矜持」…
週刊ポスト
「変異株」が次々に現れる…(時事通信フォト)
ミュー株に対抗できるワクチン量産には2年必要か 変異株に翻弄…
週刊ポスト
眞子さま
眞子さまの結婚準備 小室家側は一切やらず、結局動くのは宮内…
女性セブン
ベテラン政治家がガチンコ評定(時事通信フォト)
自民党OB17人「私が総裁に推す人物」調査、1位は河野太郎氏
週刊ポスト
帰国する小室圭さん、アメリカ留学費用1000万円超はオール借金か
帰国する小室圭さん、アメリカ留学費用1000万円超はオール借金か
NEWSポストセブン
海の向こうではふたりに好意的なまなざしも(時事通信フォト)
眞子さまの一途な愛、若い世代は肯定的 「プリンセスの矜持」…
週刊ポスト
綾瀬はるかと税理士
綾瀬はるか、母が巻き込まれた投資トラブルに怒り心頭 名前を…
女性セブン
パワハラ疑惑の伊集院光
「お前、降板スレスレだからな」伊集院光、新井アナへのパワハ…
女性セブン
(時事通信フォト)
眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる…
女性セブン
綾瀬はるか
綾瀬はるかの資産が狙われたか 母が巻き込まれた1億円投資トラ…
女性セブン
30年前からそりが合わなかった?(時事通信フォト)
高市早苗氏が30年前、立民・蓮舫氏と並んでテレビ司会をしていた…
NEWSポストセブン
フワちゃん
フワちゃん&伊沢拓司、疑惑深まる2人の関係 同じ車で「あいの…
女性セブン
輝く50歳、平子理沙
平子理沙「奇跡の50歳」、吉田栄作・再婚報道当日のピンク髪姿
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 医者と病院の拝金・怠慢ほか
「週刊ポスト」本日発売! 医者と病院の拝金・怠慢ほか
NEWSポストセブン