ライフ

認知症の母をコンサートへ 誘うのは当日、事前だと連夜の電話

認知症への向き合い方とは

 父親が亡くなり認知症の母親(85才)を支えているN記者(55才・女性)。意思疎通が不確かになることの大変さと、認知症という正解のない難問への向き合い方についてレポートする。

 * * *
 今から10年ほど前、母に認知症らしき兆候が表れた時は、驚きよりも「あぁ、ついに来たか」という感じだった。というのも母方の祖母や伯母たちが、70代後半になると順を追って認知症になったからだ。直前のことを忘れ、同じ話を繰り返す症状も、なんとなく見て知っていた。

 ちょうど世間でも認知症への関心が高まり、取材という形で勉強する機会も増えた。何も知らず、いきなり老親の不可解な行動に腰を抜かす人に比べれば、私はかなり恵まれていたのだ。

 ところがやはりそう簡単ではなかった。父の急死直後、物盗られ妄想にとらわれた母は、恐ろしい鬼の形相になり、口汚い言葉で私をなじった。これは認知症の典型症状で、信頼する人を攻撃しやすいこともよく承知していたのだが、あっけなく心は折れた。

 認知症対応のマニュアル本には「逆らうな」とあったが、まったく無理だった。母が何か言うたび、「落ち着け、落ち着け」と唱える自分を、「ママしっかりしてよ!」と怒る自分が押し倒して、母に立ち向かってしまうのだ。

 それでも当時は、怒り狂う自分の方が正解だと思っていた。自分に嘘がないからだ。「病気でおかしくなっているのに、私が嘘をついたら母を見捨てることになる」と。

 連載2回目(2017年7月)に和光病院院長の今井幸充さんへ取材をした時、そんな心情を話すと、「認知症の人を慮る対応は“嘘”ではないよ。ましてや見捨てることではない。どんな形でも親子の絆は変わらないよ」と言ってくださった。ありがたくもうれしかったが、実はその時点でもまだ、少しモヤモヤしていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン