ライフ

静電気発生しやすい洋服の組み合わせ 化繊コートとウールNG

冬の大敵、静電気はどう防ぐ?(写真/アフロ)

 ドアノブに触れた瞬間パチン! 「なぜ私は痛い目に遭うの?」「原因は体質か?」と、悩んでいる人も多い静電気。

「主な要因は、むしろ湿度の低さにあります」

 そう話すのは、ライオンのお洗濯マイスター・大貫和泉さんだ。

「体と服、服と服が擦れ合うだけで静電気がたまります(図1参照)が、本来、水は電気を通すため湿度が高いと空気中に自然放電されやすくなります。しかし、湿度が低いと静電気の逃げ場がないため、服や体にたまりがちに。そのため、電気がたまった状態でドアノブに触れると、電気が瞬間移動しパチン!となるのです」(大貫さん・以下同)

 ウェザーニューズの調査(図2参照)でも、冬に雪や雨の多い日本海側より、年間降水量が12~2月に最も低い太平洋側で静電気の発生が多いという結果も出ている。

静電気が発生する仕組みとは?

太平洋側は静電気が多く発生しやすい?

◆衣服がパチパチ

 静電気被害で最も身近なのが、衣服のトラブル。

「たとえば、セーターを脱ぐ時や、スカートがまつわりつくなどの状況は少なくありません。こうした衣服の静電気を防ぐためには、洗濯の際に柔軟剤を使用したり、家では頻繁に洗えない衣服には静電気防止スプレーを使うのが効果的です。また、静電気を帯びていると花粉などの微粒子もより引き寄せやすくなり(図3参照)、それ以下の微粒子の場合はさらに引き寄せやすいので要注意です」

 静電気防止スプレーは、特殊な水の膜を衣類の表面につくるので瞬時に静電気を逃がすと同時に予防もできる。

 また、洗濯時に柔軟剤で仕上げると、柔軟剤の主成分であるカチオン界面活性剤が繊維同士の滑りをよくする潤滑油の働きをするため、静電気の発生自体を抑えられる。

 ちなみに、静電気防止スプレーはスカートの静電気予防のためには全体に約10秒、まつわりつき解消には約2秒、スプレーするのがコツだ。

「帯電している場合は、湿気が有効。スカートがまつわりついた際などはハンカチを濡らして衣類をなでるなど、水分を加えてもよいでしょう」

静電気は花粉も呼び寄せる

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン