国際情報

中国の中学校長が-10℃で生徒に雪かき強要 指切断危機も

スパルタ教育というよりは、もはや強制労働

 中国東北部・黒竜江省の中学校で、昨年の大晦日の朝、生徒が登校すると、すぐに校長から「生徒全員が校庭に出て、雪かきを手伝うように」との校内放送があり、生徒たちは零下10度の酷寒のなか、手袋なしの素手で、3時間、除雪作業を行ったせいで、凍傷にかかり、指を切断する危険に直面していたことが分かった

 校長は「治療費は学校が出すが、雪かきは学校の行事なので、学校に全責任があるかどうかは分からない」などとの弁解に終始しているという。これに対して、ネット上では「生徒たちは労働者ではない。勉強するのが本分だ。しかも、手袋も支給しないで、自分は部屋でぬくぬくとしている校長は教育者ではない」との声が出ている。

 この中学校は黒竜江省の西部、安達市太平荘村の太平荘中学校で、この地域は真冬には零下30度にも冷え込むことで知られている。

 この日は大晦日だったが、冬期休暇の登校日に当たっており、学校全体で朝礼を行う予定だった。しかし、生徒が登校すると、生徒たちは雪かきに駆り出された。校長の話によると、「生徒が登校する前に学校の職員らが雪かきをする予定だったが、彼らだけでは足りないので、生徒たちに手伝ってもらうことにした」という。

 生徒たちは先生の監督のもと、手袋もつけないで素手で雪かきをしたが、先生たちからは手袋の支給はなかったという。

 ある女生徒は「手が痛くなって、次第に腕がしびれて何も感じなくなった。たまらなくなって、先生に『いつ終わるのですか』と聞いても、先生は『雪がなくなるまで』などと言って、やめさせてくれなかった」と話している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン