• TOP
  • 国内
  • 小泉進次郎氏の2週間育休 アラ還女性記者が抱いた心のざわつき

国内

2020.01.26 07:00  女性セブン

小泉進次郎氏の2週間育休 アラ還女性記者が抱いた心のざわつき

過去に聞いた進次郎氏の発言も「幼稚なひとりよがり」に思える(時事通信フォト)

 体験取材などでおなじみの『女性セブン』のアラ還ライター、“オバ記者”こと野原広子(62才)が、世の中で起きた様々な出来事に独自の切り口で思いの丈をぶちまける! 今回のテーマは小泉進次郎氏の育休宣言だ。

 * * *
 このざわつきは何なんだろう。ここ数日、環境大臣・小泉進次郎氏(38才)の「2週間の育児休暇」が、頭から離れないんだわ。

「迷ったけれど取る」と発表した翌々日、妻の滝川クリステル(42才)は男児を出産。進次郎氏は誕生に立ち会えたと、テレビカメラの前で喜びをあらわにした。

「産後、孤独な育児で“産後うつ”になる女性が10%いると専門家から聞いて素直に育休を取りたいと思った」という彼の気持ちはもっともだと思うよ。権利は権利だし。

 ましてバツイチ子供なしのアラカンおばさんの私。余計な口出しなんかしないで見守っているのが正解。わかっているって。でも、一向に心のざわつきは収まらないんだよね。

 私が進次郎氏に注目し出したのは、6年前のこと。宮城県を旅している途中、氏が海辺の町で講演会をすることを知り、行ってみたの。

「ご存じと思いますが、私はひとり親家庭で育ちました。それで寂しい思いをしたのではないか。母親がいない家庭で、寂しかったのではないか、と思われていたようです」

 弁舌さわやかな身の上話に会場のみんなが身を乗り出すと、ふっと笑いながら「そんなことはなかったんですけどね」とサラリと言ったのよ。幼い頃、母親と生き別れていることを逆手にとった、30そこそこの二世議員の声がまだ耳に残っているわよ。それまでただのイケメン二世議員と見ていたけど、いやいや、自民党の中で独自路線を貫く彼は、孤高にして信念の人。そんなふうに見直したっけ。

 それが、大きくひっくり返ったのは、去年8月の首相官邸での結婚報告会見の時ね。政治記者にマイクを向けられた彼は語る。

「(結婚の)決め手はですね、理屈じゃないですね。こういうのって。(中略)この政治の世界って私からすれば戦場なんです。いつ、命を落とすかわからないからですね。やるか、やられるか」

「でも不思議と彼女といると、あ、この場所はよろいを脱いでいいんだな。武器を置いていいんだな。無防備でいいんだ。そういうふうに思えたのは理屈を超えたんだと思います」

 恋をすると誰しもバカなことを言うもんだけど、首相官邸という場所が悪かったのかしら。白ずくめで寄り添っている滝クリと並んだ進次郎氏は、恋に酔い、政治家という立場に酔っているように私には見えたんだわ。

 それだけじゃない。「今回、この発表に至るまでは一度も2人で外に出たこともないし、一度もどこかに一緒に移動するとかそういったこともありませんでした」って、えっ、泣き言? ノロケ?? 人気を利用されるのを嫌って固辞していた大臣の席に結婚後に座ったのは、SPがつくオレを滝クリに見せたかったから???

 …この辺りから、“底が知れた”というか、世間の風向きは確実に変わっていった。

 けど、それでもまだ、進次郎ファンは大目に見ていた、と思う。「要は環境大臣になった進次郎が何をするかよね」「そうそう。セクスィー発言はどうかと思ったけど、大臣は環境省のトップだもの。育休は問題提起をするだけして、実際は取らないと思うよ」などと大らかに見守っていたら…ちゃっかりの2週間育休宣言よ。

 大臣の自分が育休を取ることで、環境省の職員が取りやすくするのが狙いなんだって。「公務最優先」「危機管理万全」で、テレビ会議や電子メールなどのテレワーク(在宅勤務)を導入したり、一部職務を副大臣や政務官に任せたりすることで、「育児のための時間」を捻出するんだって。

関連記事

トピックス