• TOP
  • 芸能
  • 嵐のNetflixドキュメンタリー、ぶつかり合いを見せる理由

芸能

2020.01.31 07:00  女性セブン

嵐のNetflixドキュメンタリー、ぶつかり合いを見せる理由

ぶつかり合う姿も隠さず見せる理由とは?(NETFLIX HPより)

 1月28日、Netflixで嵐のドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』の第2話が配信された。嵐の20周年ツアー初日を迎えるまでに密着、ステージ演出を手掛ける松本潤(36才)を中心に、5人は会議を重ねていた。

 第2話で松本が何度も口にしていたのが、「あったかくなるかな」という言葉だった。

「松本さんがファンに伝えたいのは、“温かさ”でした。嵐のコンサートは舞台技術も最新のものを使っていて、演出も凝ったものになります。だけど、そこに頼りすぎてもいけない。そんな思いが松本さんにはあるんです。

 すでに活動休止を決めている中で、どうしたらファンに感謝の気持ちなどを伝えられるか毎日真剣に考えていたそうです」(芸能関係者)

 その松本を救ったのが、4人のメンバーだった。

「メンバーがいない中、スタッフと連日連夜、打ち合わせに臨んだ松本さんでしたが、5人での打ち合わせが増えると楽しそうでした。あらためて5人の仲のよさが伝わりました」(テレビ局関係者)

 ドキュメンタリーは現在も撮影が続いている。今や、カメラは5人の活動のすべてを記録しているといっていい。

「昨年末のカウントダウンコンサートにも、撮影スタッフが密着していました。出番を終えた櫻井翔さん(38才)がケータリングを食べている時に、岡田准一さん(39才)が話しかけたシーンも撮影していましたよ。岡田さんはインタビュアーのように、仕事に対するモチベーションを櫻井さんに尋ねていました。そういった秘蔵映像も流されるかもしれませんね」(前出・テレビ局関係者)

 5人それぞれの考えの違いが読み取れる場面もふんだんに盛り込まれる予定だという。それには理由がある。

関連記事

トピックス